河出文庫<br> きみの言い訳は最高の芸術

個数:
電子版価格
¥550
  • 電書あり

河出文庫
きみの言い訳は最高の芸術

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 188p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417066
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

至極のエッセイ45本に加え、文庫版の「おまけ」9本&「あとがき」を収録。あなたの心の中でうごめく「曖昧な感情」に、「曖昧なまま」そっと寄り添ってくれる沢山の言葉たち―最果タヒ初のエッセイ集が待望の文庫化!

目次

友達はいらない
宇多田ヒカルのこと
最初が最高系
ガーデニング不条理
きみが友達との楽しい時間のために、ひねり出した悪意について。
過去にないもの。
優しさの天才ではないわたし
感情の娯楽性
運動神経未完成的自我
ネットは河で、きみは石。〔ほか〕

著者等紹介

最果タヒ[サイハテタヒ]
1986年生まれ。詩人、小説家。2006年、現代詩手帖賞を受賞。07年、第一詩集『グッドモーニング』刊行。同作で中原中也賞を受賞。15年、詩集『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

69
「やさしさの才能」という言葉に惹かれた。「やさしさ」を発揮するのも才能なんだなぁ。2019/09/12

サンタマリア

58
彼女の思ったことや書いていくうちに膨れ上がった感情が煮詰められている訳でもないのに(ないからこそ)100パーセントの純度で綴られていて、強く心を打つこともあればつまらないと感じることもあった。読みながら僕の過去を振り返ったりもしてみたけど、轍は風やほこりや年月で風化して、汽笛のように叫んでいた感情は街や記憶のどこにも反響していなかったし、命を燃やして繰り出していた蒸気はとっくの昔に空に溶けていた。仕方がないので前を見ようと思った。「言葉は簡単に、すべてを簡略化して、まったく違うものにしてしまう」2021/06/30

ホークス

51
元本は2016年刊。詩人のエッセイ。新鮮な言葉に衝撃を受けた。心の中の、私には行けない地点まで著者は思索を進める。傲慢じゃなく痛々しくないのがありがたい。知らない人の記憶でも、写真という形で目にした瞬間、自分が忘れてしまっていた過去に触れた心地になるという話。思わず膝を打った。人類共通で嫌いな食べ物に対して容赦なく、理不尽なほど否定するという話は、変なんだけど真理。攻撃的な人、自分を守ろうとしない人が「本物」みたいに見えるのは何故か?という問いは難しい。読後に単行本を読んでいた事が判明。でもまた読もう。2023/05/14

neimu

48
自分が小学生高学年からハイティーンだったら憧れたかもしれない。さすがにこの年齢で読んで感動するわけではない。思い当たるる節はあっても、表現の仕方が違うと言うか、時代もあるけれど、そう、若さ、若さゆえに書ける文章。吐ける愚痴、悪態、照れ隠しの乱雑さ、つっぱり感、いや、懐かしくさえある。しかし、今、気合いをいれて読むべきものではないなあ。帯に4人もの推薦文が書かれているのもビックリした。河出書房の好み、テコ入れ本なんだろうかと勘ぐってしまう。ブログ系の文章、なるほどね。若さで書き散らす姿勢が娘と重なる。2023/10/06

さおり

42
大好きな岸本佐知子さんが帯に推薦文を書いてて、それにつられて買いました。最果タヒさん初エッセイ集。数年前に川上未映子さんが書いたエッセイを読んだときと同じくらい、よくわからなかったです。ただ、タヒさんは共感されることを望んでいない様子なので、楽しみ方としてこれで合ってるのかなとも思う。楽しめたかどうかがあやしいところだけれど。結局、岸本さんが書いた帯の一文が一番良かった。そのために買って良かったと思うくらいに。2019/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14327879
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。