河出文庫<br> 生命科学者たちのむこうみずな日常と華麗なる研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
生命科学者たちのむこうみずな日常と華麗なる研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月23日 01時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 419p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416984
  • NDC分類 460.28
  • Cコード C0145

出版社内容情報

生命科学史にきらめく成果をあげた研究者18名の、若干むちゃくちゃで、しかし見事な人生を、日本で最もおもろい生命科学者が解説!

内容説明

あっぱれ!と思わず唸らされるような、歴史に名を残す成果をあげた科学者たち。彼らは、どれくらいすごいのか。いま日本で最もおもろい生命科学者が、18名の研究者を選りすぐり、その独創的で、むちゃくちゃで、けれども見事な人生と研究内容を解説する。文庫版特典「『超二流』研究者の自叙伝」も必読。

目次

第1章 波瀾万丈に生きる(野口英世―一個の男子か不徳義漢か;クレイグ・ベンター―闘うに足る理由;アルバート・セント=ジェルジ―あとは人生をもてあます異星人;ルドルフ・ウィルヒョウ―超人・巨人・全人)
第2章 多才に生きる(ジョン・ハンター―マッドサイエンティスト×外科医;トーマス・ヤング―“Polymath”多才の人;森鴎外(林太郎)―石見ノ人、脚気論争
シーモア・ベンザー―「オッカムの城」の建設者)
第3章 ストイックに生きる(アレキシス・カレル―「奇跡」の天才医学者;オズワルド・エイブリー―大器晩成ザ・プロフェッサー;サルバドール・E・ルリア―あまりにまっとうな科学者の鑑;ロザリンド・フランクリン―「伝説」の女科学者;吉田富三―鏡頭の思想家)
第4章 あるがままに生きる(リタ・レーヴィ=モンタルチーニ―ライフ・イズ・ビューティフル;マックス・デルブリュック―ゲームの達人 科学版;フランソワ・ジャコブとジャン・ドーセ―フレンチ・サイエンティスツ;北里柴三郎―本邦最高の医学者)
番外編 読まずに死ねるか!
文庫版特典 「超二流」研究者の自叙伝

著者等紹介

仲野徹[ナカノトオル]
1957年大阪生まれ。大阪大学医学部卒業後、内科医から研究者に。ヨーロッパ分子生物学研究所、京都大学等を経て、大阪大学大学院医学系研究科教授。専攻は生命科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

香菜子(かなこ・Kanako)

34
生命科学者たちのむこうみずな日常と華麗なる研究。仲野徹先生の著書。歴史に名を遺した世界の天才研究者たちの研究内容と人となりがわかる良書です。天才研究者たちはどこか個性的で凡人から見ると変わり者、変人奇人と思われても不自然ではないのかも。でも凡人から変人奇人と思われて理解されないくらいでないと、天才研究者にはなれないのかもしれません。2019/09/06

to boy

23
18名の生命科学者の伝記をもとにその業績や人柄などを紹介。知らない人が多かったけどもともと伝記好きなので面白く読めました。北里柴三郎はもっと評価されるべき人なんだなって思います。分子生物学の黎明期のワクワク感が伝わってきましたがワトソンとクリックの論文が限りなく剽窃にものだったなんて驚き。当時、物理学から生物学へ転向していく学者が多かったというのも驚きでした。2019/10/16

まこ

10
科学者の伝記が最近勢いがない、勢い再びのための足掛かりとなれば。科学者はすごい人だけど人格者じゃない、失敗やろくでもないエピソードも紹介するし、突っ込みも激しい。主役となる人の出会いや当時いた場所の偶然の力も大事にしてる。2021/01/21

glaciers courtesy

7
著者がいかに偉大な生命科学者たちの伝記に興奮し、楽しんでいるかが伝わってくる。内容も単なる読書感想文ではなく、一次資料に当たることも含め、多角的に様々な検証をした上での考察も多いので、単なる学者の余技とは思えないレベルの高さではある。しかし、残念なのは著者が読んだという伝記自体が絶版になっていたりして、僕たちが著者の興奮を追体験するのが難しいことだ。ノンフィクション(NF)って、ほとんど売れないというけど、サイエンスNFはなおさらだろうし、まして世間ではマイナーな科学者たちの伝記など、売れないんだろうな。2020/11/26

takakomama

3
生命科学者18人の紹介。ノーベル賞を受賞した偉大な科学者のオンパレード。みんな天才! エネルギッシュ! 研究の内容は全然わからないけど、科学者の人となりや、波乱万丈な人生は面白かったです。文豪の森鴎外が 紹介されてて驚きました。物理学から生物学へ転向、専門分野を変えることもあるとは思いませんでした。2019/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14138849

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。