河出文庫<br> NOVA〈2019年春号〉

個数:

河出文庫
NOVA〈2019年春号〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 07時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 453p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416519
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

書下しSF全10作。完全読切。飛浩隆、新井素子、宮部みゆき、小林泰三、佐藤究、小川哲、赤野工作、柞刈湯葉、片瀬二郎、高島雄哉「書き下ろし日本SFアンソロジー《NOVA》の新シリーズの門出にふさわしい、ベストの布陣を揃えられたと自負している。読者のみなさんにも、編者が味わった喜びを共有するとともに、いまの日本SFがいかに豊かな実りの時代を迎えているかを実感していただければさいわいです」大森望

【収録作品(全10編)】

●新井素子「やおよろず神様承ります」
「あなたに向いている、とても便利な神様を紹介します。これ、かなりお勧めですよ」

●小川哲「七十人の翻訳者たち」
解読された古代文書「デメトリオスの処刑」には、ギリシア語訳聖書の奇跡が記されていた。

●佐藤究「ジェリーウォーカー」
エイリアンを超える生命を次々と生み出す映画界の魔術師、地下室に隠された創造の秘密。

●柞刈湯葉「まず牛を球とします。」
牛は食べたいが、動物は殺したくない。そんな人類の夢が実現した未来の物語。

●赤野工作「お前のこったからどうせそんなこったろうと思ったよ」
光速は遅すぎる! 通信遅延1.3秒の環境下で行われた因縁の格闘ゲーム対戦、勝利の末に。

●小林泰三「クラリッサ殺し」
あの名作スペースオペラがVRアミューズメントに!? バーチャルルームで起きた殺人事件の真相は?

●高島雄哉「キャット・ポイント」
研究開発室の存亡をかけた新広告プロジェクト始動。扉を開ければ、真白さんはいる。

●片瀬二郎「お行儀ねこちゃん」
ラスコルニコフが殺害された。この死体をどう処分しようか、助けて、心の友!

●宮部みゆき「母の法律」
虐待の親子を救済する法律、マザー法に救われたわたし。だが、救いきれないものはある。

●飛浩隆「流下の日」
40年間、偉大な首相が統治した美しい国。著者新境地の第38回日本SF大賞受賞第1作。

大森 望[オオモリ ノゾミ]
編集

内容説明

華豪執筆陣でおくる、オール読み切り「小さなSF専門誌」。

著者等紹介

大森望[オオモリノゾミ]
1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家。責任編集を務めたアンソロジー“NOVA書き下ろし日本SFコレクション”全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

39
秀逸な作品揃いのSF短編集、面白かった。強力な布陣と書下ろしという垂涎もの、どれも現実と空想を繋ぎ合わせた物語の着想に面白味を感じた。小川さん、語り継がれた物語にゲノム解析の発想が面白い。佐藤さん、背徳的な万能感にゾクゾク。柞刈さん、またも題名にやられた。赤野さん、月からの対戦者、格ゲー遅延は確かに許せない。小林さん、何とメルヘン殺しもの。メタ尽くしが堪らない。新井さんと宮部さんは今の社会課題に著者テイストで切り込むのが印象的。一方の男性陣は自分が好きなものを書いてる感じの対比が興味深い。次回も楽しみ。2018/12/09

日向とわ

37
やっと読み終わった!つまらない訳ではなくて、絵ばかり描いてたり、娘の結婚式があったりでした。そんなときいっこつの神様が救ってくれそうです。全体的に面白い!ゲームのは自分と相性が合わない。お行儀ねこちゃん、思い切りブラック。ジェリーウォーカー、好き。母の法律、流下の日 完成度高い。この世界設定で色々な話を書けそう。大満足な一冊でした。2019/04/24

かわうそ

25
初読の著者が約半分。若手からベテランまでどれも非常に面白く、最新の日本SFをもっと読まねばと強く思わせてくれる充実の内容。特にお気に入りは飛浩隆「流下の日」、柞刈湯葉「まず牛を球とします。」、赤野工作「お前のこったからどうせそんなこったろうと思ったよ」2018/12/15

かとめくん

18
今現在に対する作家の皆さんの危機意識のようなものが手を変え品を変えあらわれているように感じてしょうがない。時にオブラートに包み、時にストレートに、(S Fの体裁をとってはいるが)この世界の今が内包する危うさに警鐘を鳴らそうとしているのではと感じた。2019/02/27

そふぃあ

16
柞刈湯葉「まず牛を球とします。」いちばん好みだった。「キャット・ポイント」と「流下の日」はアイデアが面白かった。全体的に軽く読める。2019/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13273493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。