河出文庫<br> Q10(キュート)〈2〉

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

河出文庫
Q10(キュート)〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416465
  • NDC分類 912.7
  • Cコード C0193

出版社内容情報

Q10の秘密を知り、彼女のリセットボタンを押した平太は連れ去られたQ10にもう一度会いたいと願うが――未来を描くオマケ収録!

内容説明

Q10(キュート)と平太の前に、彼女の秘密を知る月子が現れた。Q10がやってきた理由など、全ての秘密を聞かされた平太は、言われるがままQ10のリセットボタンを押してしまう。そのまま月子に連れ去られたQ10に、もう一度会いたいという平太の願いは叶うのか。巻末には80年後のQ10を描いたオマケも収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

32
物語も後半、平太とQ10の恋が終わってしまう予感にハラハラしつつも、私的にくっついてほしい脇役たちを応援。私的にくっついてほしい第一位は入院を繰り返している友人・久保と赤髪のロッカー・民子、第二位は薬師丸ひろ子と田中裕二の先生たち年長組。そして物語は思いがけぬやさしいラストで、かつ、多分ドラマではやってない後日談も。シナリオだけど、ドラマ観てないけど、勝手にキャストの役者さんたちで脳内映像を捏造しつつ読みました。いいお話でした。2019/11/02

紅香@新刊購入まで積読消化あと2冊⭐︎

29
Q10に出会ったことから始まる。これは壮大な愛の物語だ。。ドラマから9年経って、私は気付く。どーでもいい世の中だと思ってたあの頃と違って、自分を信じてる私がいるってことに。『今んとこに来るまで色んなものを犠牲にしてこられたんじゃないですか?同じですよ。好きなものを選んできた、その果てに私らはここにいるんですから』人類の愛の果てに私達はいる。胸にチクンとくる言葉にこれからも素直でいよう。愛も勇気も平和もこの世界には必ずある。そして2019年も、私は相変わらず物語の力を大真面目に信じ続けていたということを。2019/02/18

山口

19
2010年秋ドラマ「Q10」(キュート)の6話~9話(最終回)と5年後23歳になった平太たちの話で、シナリオ本です。書き下ろしで80年後、Q10とR31の話もあり、ドラマは見てなかったけど、なかなか面白かったし、感じの良い作品でした。アンドロイドQ10→前田敦子、唯一彼女のリセットボタンを押す権限を持ち彼女に恋心を抱く平太→佐藤健、優等生の河合→高畑充希、河合に想いを寄せる影山→賀来賢人、心臓病で入院中の久保→池松壮亮、Q10の正体を知る謎の引きこもり月子→福田麻由子等々、ドラマが見てみたい。2019/11/04

緋莢

16
この巻には6話から最終回の9話、エッセイ『木皿食堂』に収録されていた「Q10 #2015」、そして、書き下ろしの小説「八十年後、丘の上で」が収録されています。 Q10の秘密というか正体が明らかになり、平太は大きな決断を迫られます。そして、同級生や大人たちにも、変化が…Q10の正体に関しては、かなり予想外かつ、壮大なものでビックリしました。教授の「死ぬほど考えるの それが後悔しない、たったひとつのやり方よ」、そして、「キュートを愛したように、世界を愛せ」という言葉(続く2019/04/10

れーこ

16
あー…読み終えてしまった! とても良かった!切なくて可笑しくて感動で心が震えた。 登場人物すべてが愛おしい。 シナリオ本は新鮮だったが、人物ひとりひとりのキャラが手に取るように頭に浮かぶようなリアリティがある。 独特だった。2019/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13486730
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。