河出文庫<br> きょうのできごと、十年後

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

河出文庫
きょうのできごと、十年後

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月22日 21時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 211p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416311
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

十年前、京都の引っ越しパーティーに居合わせた男女。30代になった彼らが、今宵再会する……行定勲監督がいち早く、紙上映画化!

柴崎 友香[シバサキ トモカ]
著・文・その他

内容説明

十年前、京都で引っ越しパーティーに居合わせた男女。それぞれの時間を生き、つきあっていたカップルは別れ、変わったり変わらなかったりしながら30代になった彼らが、今夜再会する。中沢が鴨川沿いにオープンさせたバルに集まった面々に、今日もさまざまな「できごと」が起きる。行定勲監督が、なんと、紙上映画化した書き下ろし小説「鴨川晴れ待ち」を収録。

著者等紹介

柴崎友香[シバサキトモカ]
1973年、大阪府生まれ。2000年、『きょうのできごと』で作家デビュー。『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、『春の庭』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

91
四年前に単行本でこの作品を読んだが、『きょうのできごと』の増補新版と合わせて再読した。十年前、京都の大学院に進む正道の進学と引っ越し祝いに集まったけいと、真紀、中沢、かわち。あれから十年、今度は中沢の京都の店のパーティーに集まった彼らを描いた、この『十年後』。前回読んで覚えていたのは、中沢のベンツのことと、社会人になった彼らが、あまり会わなくなっていたということだった。再読して改めて、卒業し社会人になり、住むところも違い、そして十年も経つと、以前の関係と違って当然かもしれないが、なにか寂しく感じた。2019/05/11

ぶんこ

36
読む気がなかったのに、何となく読み始めたら最後まで読んでしまいました。大学院生と彼女たちの引越し祝いから10年後。院に残ったのは正道君だけで、中沢君が開いたお店のパーティーに集まった面々。皆社会人となって少しは落ち着いたのかと思ったら、まだまだ酔っ払うとハッチャケています。こうして発散できるのがいいのかなとも思ったりして、10年前の物語よりは読みやすかったです。あれだけ共感できなかった本を書いた柴崎さんなのに、今回はすんなり読み進めたという事で、改めて作家さんの才能はすごいものだと感嘆しました。2018/07/22

ちぇけら

30
すぎてしまった時間はかえってこない。ながく生きると、そのぶんたくさんの時間を失う。おとなになったのはいつからだろう。景色とか、音とか、いろいろなものが薄い膜に包まれて、心から楽しいと思えなくなっている。週末が終わると戻らなくてはならない〈社会〉が、ぼくをおとなに引きずりこむ。「さびしいね。そんなに簡単に、夢中になられへんね。もう」あのころのようでいて、あのころではない今を生き、その今もいつかの過去に溶けてゆくのだ。泣いてもいいかな。誰にでもなく呟いて、そういえば人前で最後に泣いたのはいつだろうと、思った。2020/02/08

HMax

29
10年経っても、やっぱり飲みすぎ。それでも学生時代とは違う、「さびしいね、そんなに簡単に、夢中になられへんね。もう」、キカと中沢の感じる10年の長さ、「気づいたら過ぎてるもんや、10年なんか」、それにしても中沢、ついてないなぁ。 大昔に見た智積院の紅葉、10年後には見れるか? 備考:「きょうのできごと」の解説にあることを気にして読むと、意外に時間がかかったけど、いつもと違う面白さもありました。2020/11/28

kaoriction@感想は気まぐれに

28
十年前、十年後。変わらず人生は続いている。『きょうのできごと』の十年後。あの頃描いていた自分とは全然違う場所に生きていたり、違う仕事をしていたり。思うようにはいかない。すれ違うばかりの想い。みんなそれぞれの日常をそれぞれに過ごして十年。いろんなことがあって。これまでの十年もこれからの十年も。誰かの毎日と自分の毎日と。知らないうちにつながっていたり、誰かと誰かが知らないうちに始まって終わっていたり。「いろんなところで、いろんなことが起きてるんやな」。ありふれた日常がなぜか輝いてる。Life goes on…2019/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13007405

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。