河出文庫<br> 薄情

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

河出文庫
薄情

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月30日 16時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416236
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

他人への深入りを避けて日々を過ごす宇田川に訪れた、ある出来事。土地が持つ優しさと厳しさにそっと寄り添う傑作長篇。

絲山 秋子[イトヤマ アキコ]
著・文・その他

内容説明

他人と深く関わることを避けながら暮らす宇田川静生。彼は、都内から移住してきた木工職人・鹿谷さんの工房で、そこに集う人たちとのしがらみのないお喋りを楽しみながら日々を過ごしていた。鹿谷さんの自由な空気が心地よかったのだ。しかし、名古屋から戻ってきた高校の後輩・蜂須賀との再会以降、少しずつ彼の人生は変化していき…。“地方”が持つ徹底した厳しさと、その先に開かれる深い優しさに寄り添う傑作長篇。谷崎潤一郎賞受賞作。

著者等紹介

絲山秋子[イトヤマアキコ]
1966年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、住宅設備機器メーカーに入社し、2001年まで営業職として勤務する。2003年「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞、2004年「袋小路の男」で川端康成文学賞、2005年『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、2006年「沖で待つ」で芥川龍之介賞、2016年『薄情』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

410
高崎を中心とする群馬の、いたってリージョナルな小説である。ここに登場する地名は、さすがに高崎や前橋などはわかるが、山の名前以外は大半が初めて聞くもの。絲山秋子は現在は地元民だけあって道路状況も縦横無尽。生粋の群馬県人も顔負けの様子。さて、物語は2017年2月14日の記録的な豪雪に始まる。閉塞感の象徴のようにも見えるが、そうではないだろう。またタイトルの示す「薄情」は関係性の希薄さ、ややもすると無関心になりかねない危うさの中に生きる主人公の宇田川の心証を表象するものかと思う。2020/01/06

ベイマックス

95
谷崎潤一郎賞受賞作品。◎気になったこと、三人称が『かれ』だったり『宇田川』だったり、少し混乱。あと、句読点がないのが謎。◎群馬の細かい地名や道路名とか、そこまで固有名詞出さなくてもいいかな。◎ド田舎でもなく、地方都市の田舎の人間模様。色濃くなりがちな人情を、不器用に生きていく青年の話し。2021/05/28

chantal(シャンタール)

86
30代の宇多川は東京での仕事を辞め、高崎の実家に戻って来ている。群馬の各地の様子が事細かに語られるのだが、それは東京に行こうと思えばすぐに行ける地方都市、と言う距離感が必要だったのだろうか?東京から移り住んでいる木工作家のアトリエになんとなく集まる人々。その地元の人と東京から来た「他所者」との間の微妙な距離感を意味していたのか?薄情という言葉は負の意味が強いけど、誰にも深入りせず、薄情でいることが気楽であったりはするけれど。でも、自分が好きな人に距離を取られて、そう言う意味で薄情にされるのは寂しいよね。2021/04/11

Willie the Wildcat

69
時間軸で対比する自己。過去が過去のままか、未来となるか。これが不在と実在。表題は、自身の未来への心の在り方ではなかろうか。表層的な客観性と心底との乖離が表題。人との交錯が、自身と向き合う土壌。表層的には瑞穂/カズシとの出会いと別れであり、深層的には蜂須賀/鹿谷の”事件後”の動向。それぞれ前者が動的、後者が静的に心に染み込んでいく感。最後の件の”地方”。様々な暗喩が、頭に浮かぶ。静生が踏み出した一歩は、開かれた道への前向きさではあるが、同時に、現実の暗部を踏まえて生き抜く決意表でもある気がする。2018/10/17

アマニョッキ

65
絲山さんの描くダメ男がめっぽう好きなわたしでありますが(吉田修一のそれも好き)、今回の宇田川もとても良かった。一見無知で散漫そうな男が、実は密度のことを考えながら一服してるなんてもうどんだけセクシーなん。「多数決で負ける脳の野党」とか「自覚できないほど弱い毒」とかの絲山さん語録も良ければ、「北軽井沢といっても群馬県」だとか「長野原と長野県」だとかの考察もすごく面白い。禅問答のごとき宇田川の思考の海に、わたしも潜ったり沈んだりたまに顔出してみたり。とても不思議で心地よかった。そして群馬に行ってみたい。2019/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12936981
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。