河出文庫<br> 児次郎吹雪・おたふく物語

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

河出文庫
児次郎吹雪・おたふく物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 20時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416106
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

苦しい時も、人の善意を疑わない姉妹を描いて、氏の最高傑作ともいわれる、心洗われる“おたふく”三部作をすべて収める。「四人ばやし」は女の情け、「襤褸と釵」は男の信念。―伯耆路は晴だ。―初文庫化の、若武者が凛々しい「児次郎吹雪」。そして「かあちゃん」。いずれ劣らぬ短篇の名手の傑作群。

著者等紹介

山本周五郎[ヤマモトシュウゴロウ]
1903年、山梨県生まれ。作家。関東大震災で被災し、神戸に転居、地方紙に職を求める。上京の後、千葉県浦安に移り、作家活動に入る。報道班員を辞退するなどの戦中時代を経て、戦後は横浜に居を定め、旺盛な作家活動に入る。映画化された作品も多数。また直木賞など数々の文学賞を辞退したことでも知られる。主な作品に、『小説日本婦道記』などがあり、また短篇の名手でもあった。1967年逝去。その業績を顕彰し、山本周五郎賞が設けられている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

下町の姉妹を描いた時代小説〈おたふく〉三部作を完全収録。他に、文庫初収録の「児次郎吹雪」などを収録する傑作集。

山本 周五郎[ヤマモト シュウゴロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件