河出文庫<br> 性愛論

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

河出文庫
性愛論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 06時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415659
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0136

出版社内容情報

ひとはなぜひとを愛するのか。身体はなぜ、もうひとつの身体を求めるのか。永遠の問いを原理的に考察。解説:上野千鶴子/大澤真幸

内容説明

ひとはなぜ、ひとを愛するのか。ひとの身体はなぜ、性愛へとさし向けられているのか。身体はなぜ、もうひとつの身体を求めるのか。猥褻論、性別論、性関係論から、キリスト教文明圏の性愛倫理とその日本的展開まで―。永遠の問いを原理的かつ論理的に考えてゆく社会科学の冒険。

目次

序章 ひとはなぜ愛するか
第1章 猥褻論
第2章 性別論
第3章 性関係論
第4章 性愛倫理
第5章 性愛倫理の模像
終章 性愛世界の彼岸

著者等紹介

橋爪大三郎[ハシズメダイサブロウ]
1948年、神奈川県生まれ。社会学者。東京工業大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

蓮子

72
1回読んで途中で挫折して今回新たに挑戦。何とか読み切りましたが、私には難しかったです。「猥褻」の理論や観念から始まり、性別とは何か、性愛倫理、戦後日本で出版された性愛のテキストなどについて論じているのですが、第4章はキリスト教も絡んでくるので理解が追いつかず。ただ、性的行為、愛情表現、婚姻というものの矛盾をどうにか統合しようとして結局それが果たされずに性解放運動へと突き進んでいくのは面白く感じました。最終章はフェミニズムについて触れていてそれも興味が引くところです。2019/08/16

ころこ

40
解説を上野千鶴子が書いているように、ジェンダー論として読むこともできます。しかし、社会学としてのアカデミックな読まれ方よりも、恋愛幻想はもとよりサディズムやマゾヒズムが文学のテーマとなるように、小説を読むひとに向いているのではないかと思います。「性愛を成り立たせている作用力は、身体の相互性の至近距離では、権力よりも、そしてときに原語よりも、強力にはたらく。」著者はいつも明確にすることを目的にしていますが、本書でそれは際立ちます。性愛関係は無意識が規定している体系を描き出す構造主義そのものだともいえますし、2021/08/06

ジエチルエーテル

3
神学的な秩序も形而上学的な構成の努力も欠けている空間に、過剰な性愛技法が移入されたところに生じる混乱、目下のわれわれを巻き込んでいるものはこれである。そこでは、正則な現象として聖化されるはずの家族が、聖化されることのない性愛をめぐる中心の欠けた空虚な祭式として営まれかけている。2019/04/05

Astro_amane

0
本のタイトルだけで選びました。 結構難しい表現があり、難しかった。 もっとすらっと読めるタイプかと思ったが ゴリゴリの論理思考で、少し哲学にも通じる様な? 第3章だけは楽しく読めました。他は飛ばして読み 2021/04/04

tajidanslemetro

0
後半の日本での性啓蒙書の歴史を追ったパートが一番面白かった2021/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12228345

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。