河出文庫<br> 美しの神の伝え―萩尾望都 小説集

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

河出文庫
美しの神の伝え―萩尾望都 小説集

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月13日 12時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 444p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415536
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

萩尾望都の圧倒的幻想世界。1977~80年発表のSF小説11編、単行本未収録の2作ほか、異世界へ導かれる全16編を収録。

内容説明

萩尾望都の圧倒的幻想世界。77~80年発表のSF小説11編に加え、貴重な単行本未収録作やマンガ2編も特別掲載。異世界へ導かれる全16編。

著者等紹介

萩尾望都[ハギオモト]
1949年、福岡県生まれ。SFやファンタジーなどを巧みに取り入れた壮大な作風で唯一無二の世界観を表現。『ポーの一族』『11人いる!』で第21回小学館漫画賞(1976年)、『残酷な神が支配する』で第1回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞(1997年)、『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞(2006年)ほか受賞多数。2012年には少女漫画家として初の紫綬褒章を受章。2017年に朝日賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♪みどりpiyopiyo♪

39
はじめ、そこは黄土色の広野であった。ある日、北の果てよりひとりの"大神"が現れ… ■少女漫画の大御所の小説集を読みました。萩尾望都の幻想世界。表題作は170ページ程の中編。他に、3〜50ページ程の小品が15編(内2編が漫画)■この世代の少女漫画家には、神話的なSFを得意とする人が何人か居ますが、著者もその1人。この本もその趣向を継いだ 宇宙と異世界を巡るSFとファンタジーが楽しめます。■静かに心に流れ込んだりコミカルだったり。なるほどこれが萩尾望都か、と感じ入りました。(初出 1977〜2003年)(→続2018/05/02

えーた

19
萩尾望都の小説集。表題作「美し神の伝え」を含め、全体的にレイ・ブラッドベリを彷彿させる不気味で美しい物語が並ぶ。奈良の新薬師寺の十二神将が動き出すコミカル作品『守り人たち』、怖いほうのモリミーを思わせるホラー作品『クレバス』、たぶんご自身の体験をもとにして書かれた『マンガ原人』等々、多種多様な作品があって楽しい。「世界の半分は夢でできている」という一節が心から離れない『クリュシュナの季節』、少しポーの一族っぽい『左手のパズル』が特にいいと思いました。昔の少女漫画家の方って本当に神懸った作品を書かれますね。2021/07/19

hide

18
上下や前後は絶対的なのに、なぜ左右だけが相対的なの。この世界で僕は左利きなのに、鏡の中のセカイではミギキキで。右が左で、左が右で。この世界とあのセカイ。僕はどちらにいるのだろう。貴方がキスした手の甲。この手は右手だったのか、左手だったのか。その答えを聞いてはじめて左右が絶対的になる。2021/02/06

阿部義彦

18
河出文庫です。半分以上は70年代後半に雑誌「奇想天外」に発表されたものです。私の50%はSFで出来ていると御本人も認める通りにSFファンタジー色の強い作品です。2018/01/13

ケ・セラ・セラ

17
昔「SFは私にとって『サイエンス・フィクション』ではなく『スペース・ファンタジー』だ」と誰かが言っていた。萩尾作品を読むたびにそれを思い出す。一行目からわたしの中で画が広がっていく。次々と繰り出される時を超えた風景。わたしは今いる世界ではなく、もう一つの世界へ。「子供の時間」「クレバス」「左手のパズル」が面白かった。「左ききのイザン」はすでに読んでいたけれど、こんなふうに前半小説、後半漫画という描き方もあるのだと驚き、楽しめた。どの作品もぜひ漫画でも読んでみたい。山上氏の解説も楽しかった。2017/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12138911
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。