河出文庫<br> 蟇屋敷の殺人

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

河出文庫
蟇屋敷の殺人

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415338
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

車中の首なし遺体が発見されるや、次々に殺人事件が。探偵作家と警部が謎の犯人を追う、秀逸なプロットが連続する壮大な推理傑作。

甲賀 三郎[コウガ サブロウ]
1893-1945。探偵小説作家。『新青年』などを主な発表媒体に活躍。「本格」「変格」の名付け親。代表作に『体温計殺人事件』『血液型殺人事件』など。

内容説明

東京・丸の内の路上に停車中の自動車内に、謎の首切断死体が発見された―。広大な屋敷に蠢くがま蛙、久恋の女秘書、怪奇な幽霊、いわくの美女、蟇屋敷主人…。探偵作家と刑事は横浜、鎌倉、埼玉奥地、大阪へと犯人を追う。大胆なトリック、秀逸なプロット、気宇壮大なスケール。スリリングに展開する甲賀三郎の最高傑作、初の文庫化!KAWADEノスタルジック探偵・怪奇・幻想シリーズ。

著者等紹介

甲賀三郎[コウガサブロウ]
1893年、滋賀県生まれ。本名・春田能為。探偵小説家。東京帝国大学工学部応用化学科卒業後、染料会社を経て農商務省臨時窒素研究所に勤める。後にライバルとなる“変格の雄”大下宇陀児は研究所の後輩。1923年、「真珠塔の秘密」で『新趣味』にデビュー、同年『新青年』に「カナリヤの秘密」を発表し、同誌を代表する作家となる。31年、“本格派の雄”として大下と本格対変格の論争を、また36年には木々高太郎と探偵小説芸術論争を展開した。1945年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

57
首を斬られた死体、蟇蛙で一杯の館、そこを徘徊する怪人。と外連味たっぷりのはずなのだが、思ったほどおどろおどろしくはない。題名だけだともう少し土俗的なものを想像したんだけど、屋敷自体が東京のど真ん中だしなあ。最近の推理小説を読み慣れた身からすると、捜査の手順や人物造形、トリックにいくつも穴を見つけることが出来、最後の駆け足じみた所が気になるが、それでも懐かしの探偵小説という事で許せてしまう気分にもなる。でもやっぱりこういう魅力的なギミックを生かし切れていないのは、残念だなあ。読了後、消化不良な感じがする。2017/09/10

penguin-blue

34
路上に停められた車の中に残された首なし死体。事件の舞台は妖しい蟇(がま)の館へ、謎の当主や美しい女秘書、若く華やかな女主人に怪しい登場人物達…そして死体の正体は?緻密な推理を積み重ねる海外ミステリや現代の世相や闇を映す最近の作品も好きだけど、こういうおどろおどろしい大げさな舞台設定やうさん臭い登場人物、雰囲気に満ちた作品に惹かれるのは原点が少年探偵団だから?突っ込みどころは満載なれど最後までわくわく楽しく読めました。世代じゃないけど、脳内吹き替えは紙芝居調の大げさなナレーションと拍子木での場面転換(笑)2018/10/27

geshi

34
謎・猟奇・ロマンス・怪人、戦前の探偵小説らしいケレン味たっぷり、と言うかほぼケレン味のみの作品。怪しげな屋敷に乗り込み、秘密を知る人物に引き回され、命の危機に陥りそうな大冒険を繰り広げるノンストップのストーリーで最後まで飽きずに読めた。現代の目からすれば真実を知っているくせにもったい付けて単純な話をごちゃごちゃさせているだけではある。メインのトリックも「そんなのかよ!」と言ってしまいそうなものだし、舞台設定を生かしてモノを隠しているようでいて、かえって目につくよね?とツッコミ入れたくなる。2017/05/21

hanchyan@住みなすものはこころなりけり

30
とてもとても面白かった(笑)。て言うと、またヘンなのか~と思われるかもだが、ちょっと待て。コレ、WWⅡ前後の❝本邦本格ミステリ❞の、ズバリ❝水準❞ではないか。「1・のっけからズンズンズン!と重なる謎の畳みかけ、2・徐々に明らかになる登場人物たちの相関図、そして3・意外な真相」という構造は実に堅牢。❝本格ミステリ❞の「作劇法」として、これほどお手本になる(内国産の)古典は稀有かもだ。たとえ「3・」に目を瞑っても(笑)。伏線回収の手際の鮮やかさとか、アイディア以前に「おはなしとして面白いかどうか」で言えば、2017/07/22

いっくん

29
梅雨の蒸し暑い朝、高級自動車が駐車している。眠っている運転手に声を掛け、肩を静かに揺すったところ、首がズルズルと…。作品名に心惹かれて読んだんですが、正解!面白かった!テンポ良く事件が起こるし、不気味な蟇屋敷の主人がのらりくらりと中々尻尾を出さないので先が気になる展開。探偵役の小説家や警察は少々頼りなくてジリジリしました。途中でトリックは独り合点してたみたいで、そうきたかの真逆でびっくり!六十数年ぶりの再刊、初文庫化との事、読めて良かった(^_^*)2017/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11775440
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。