河出文庫<br> 戦後史入門

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

河出文庫
戦後史入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 06時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413822
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0121

出版社内容情報

占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今――「戦後」を学ぶには、まずこの一冊から!

【著者紹介】
1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授(近現代日本史)。『近現代日本史と歴史学』『「戦争経験」の戦後史』『大正デモクラシー』『〈歴史〉はいかに語られるか』など。

内容説明

「戦後」を学ぶには、まずこの一冊から!占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、日米関係…これだけは知っておきたい重要ポイントを平易にレクチャー。「歴史とは何か」を考えつつ、“いま”がわかる入門書の決定版。

目次

第1章 戦争に負けてどうなった?占領の話(あの戦争を何と呼ぶ?;敗戦?終戦? ほか)
第2章 知ってる?「55年体制」って何?(君は『三丁目の夕日』を観たか;1958年―失われゆく記憶の世界 ほか)
第3章 経済大国?それっていつのこと?(あのころの経済の話をしよう;日本を改造? ほか)
第4章 「もうひとつの」戦後日本を見てみよう(「沖縄」の歴史から戦後を見てみよう;年表のつくられ方からちがう ほか)
第5章 歴史は生きている これからの日本(戦後が終わらない?;「ベルリンの壁」崩壊が意味するもの ほか)
第6章 歴史はひとつではないが、なんでもありでもない(歴史になるまで;歴史になってから ほか)
補章 「戦後」も70年たった…(「戦後70年」…;何が問われている? ほか)

著者等紹介

成田龍一[ナリタリュウイチ]
1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授。専攻は近現代日本史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんがく

13
タイトル通りの戦後史の概説書では全く無い。むしろ、戦後史を題材に選んだ「歴史学入門」と言った方が適しているであろう。平易な語り口と充実した注釈で中高生にも十分理解ができる構成になっているが、終戦の日、在日コリアン、沖縄など、内容は歴史の複眼的な捉え方について深く学べるものになっている。歴史とは教科書に載っている項目であるかという問いかけから始まり、一般的に持たれている歴史イメージを崩し、現代の問題にまで繋げていく書き方は見事。歴史初学者に読んでほしい一冊。2020/04/16

樋口佳之

8
歴史の語り、つまり解釈は決してひとつではないということ、しかし、なんでもありでもないということ、これです。2017/01/12

くまくま

7
戦後の歴史だけではなく、歴史の見方・考え方など歴史学的な内容も中心的な話題となっている。戦後史(現代史)の難しいところは我々も歴史を見たり、生きたりしているとこ。出来事の受け止め方も性別、年齢、居住地など諸条件によって様々。けっこうハッとさせられる内容が多かった。2020/02/09

ネムル

6
「14歳の世渡り術」なるレーベルからの文庫化らしい。テーマは戦後史だが、歴史そのものにいかに向き合うか、そのエッセンスを適格にまとめてある。平易でとても良い本。2018/07/27

ちくわ

4
「戦後」と呼ばれてから75年経過している。本書では「戦後」の簡単な概略を述べていくわけであるが、本書の趣旨はそういった戦後史の「知識」を得るためではない。筆者の最も伝えたかったことは、「歴史」を学ぶとはどういうことかという点である。歴史と記憶の違い、歴史には複数の見方があるといったことに興味関心があるのであれば、本書を読むことを勧める。また、ピンとこなくとも、コロナで混迷の時代を生き抜く時こそ「歴史」を学び、次に繋げていくことが重要だとも思う。学校で「歴史」を学んでつまらないと感じた人ほど読んでほしい。2020/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9773189

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。