河出文庫<br> 巴里ひとりある記

個数:
電子版価格
¥605
  • 電書あり

河出文庫
巴里ひとりある記

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年06月23日 09時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 187p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413761
  • NDC分類 293.5
  • Cコード C0195

出版社内容情報

1951年、27歳、高峰秀子はパリに旅立った。女優から解放されひとり暮らし、自己を見つめる、随筆家誕生の第一作を初文庫化。

【著者紹介】
1924年生まれ。日本を代表する名女優であり、歌手、エッセイスト。著書に『私の渡世日記』など。

内容説明

一九五一年六月、「カルメン故郷に帰る」成功の中、高峰は単身パリへ。女優としての絶頂期に、なぜすべてを捨て、遠い異国の地へ?誰にも「デコちゃん」と呼ばれず、自由に街を歩き、買い物をする、生まれて初めての普通の生活。本当の“高峰秀子”が完成した貴重な半年間の記録。初エッセイを初の文庫化。

目次

出発
ブラッセルまで
パリについた日
マドモワゼル・ソレイユ
パリのチャーチル会
パリ祭
アッシィの教会
セーヌ河のシャンソン
パリの素顔
蚤と裸と名画
マロン・ショウとすみれの季節
アメリカかけある記
徳川夢声さんとの対談

著者等紹介

高峰秀子[タカミネヒデコ]
1924年生まれ。女優、エッセイスト。五歳の時、松竹映画「母」で子役デビュー。以降、「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」「浮雲」「名もなく貧しく美しく」など、300本を超える映画に出演。『わたしの渡世日記』(日本エッセイスト・クラブ賞受賞)など著書多数。2010年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

26
単独で読んだら若い女優のなんてことない浮ついた感さえあるエッセイだけど「私の渡世日記」を読んだので当時どれだけ重圧に息苦しさを感じていたのかわかるから巴里で一人暮らしできて本当に良かったねと思う。2020/03/26

駄目男

21
俳優で名エッセイストといえば沢村貞子と高峰秀子しか思い浮かばない。確か日本初のカラー映画は高峰秀子主演の「カルメン故郷に帰る」だったと思うが、撮影後の昭和27年、高峰は一人でパリに飛び、半年間も本名で生活して書いた初のエッセイが本作となる。日本映画最高のギャラを取った高峰は当時27歳だが、既に社会人として22年、200本以上の映画に出演するベテラン女優で、外遊する前には持ち家を売って旅立ったというから凄い。よく子役は大成しないというが長門裕之と高峰だけは別格だろう。2022/06/19

さすらいのアリクイ

12
女優・高峰秀子が1951年から52年にかけてパリなど海外で7ヶ月過ごしたことが書かれた本。この頃高峰さんはすでに映画界で大スターだったはずですが、日本での暮らしよりパリなどでの未知の世界での暮らしを選択したことに何かあったんだろうなと。そのあたりのことには触れられていませんが。パリでの買い物、タクシーの運転の荒さやパリに住む人の生活についての観察、貪欲にパリの人たちに触れあう高峰さんの姿勢など、書かれている内容にアグレッシブなものを感じる。現実を変え、人生を磨くための移住的な旅だったのかもと僕は思います。2019/08/16

kogufuji

3
ただのひとりの女性としてのパリの日常が生き生きと輝いている。寂しさもただの女性としての実感になる。楽しそうだな、満たされてるのかな、と思うときに同時に日本ではそうではなかったのかなとも思う。2021/06/16

さく

3
文章はときどき稚拙なのだけど、当時ブログやSNSがあったらこんな感じだったろう。気負うことなく読める。 それに、油断していると時にぐっとくる視線もあって、惹きこまれてしまう。グレーのワンピースに、レモンやサクランボのブローチをつけるなんて小粋じゃないですか。 高峰秀子が、「高峰秀子」という檻から解き放たれて、ぶらぶらとひとり歩く。その貴重な瞬間が詰め込んである。2018/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9756725
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。