河出文庫<br> 最後のトリック

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

河出文庫
最後のトリック

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2024年04月15日 15時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 362p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413181
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ラストに驚愕!犯人はこの本の≪読者全員≫!謎の男が「命と引き換えにしても惜しくない」と訴えるミステリー界究極のトリックとは?

内容説明

「読者が犯人」というミステリー界最後の不可能トリックのアイディアを、二億円で買ってほしい―スランプ中の作家のもとに、香坂誠一なる人物から届いた謎の手紙。不信感を拭えない作家に男は、これは「命と引き換えにしても惜しくない」ほどのものなのだと切々と訴えるのだが…ラストに驚愕必至!

著者等紹介

深水黎一郎[フカミレイイチロウ]
1963年、山形県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程修了。ブルゴーニュ大学修士号、パリ大学DEA。2007年、『ウルチモ・トルッコ』で第36回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年、「人間の尊厳と八〇〇メートル」で第64回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

449
トリックについては人によってアリかナシか判断が分かれるところだろうが、個人的には十分アリだった。むしろ、著者本人もトリックに十分無理があることを重々承知しているからこそ、この結末に納得感を抱かせるための入念な布石を打ち続けているのが本書であり、その丁寧さはよい。ただ1点、ひっかかったのはヒデ坊のことについて。理論的に考えれば「対人恐怖症が細分化できる」という要素を説明するために挿入されたのだと思うが、ほかと比べて唐突感があるし、最後に絡んで来なかった点がちょっとモヤモヤした。2016/08/01

夢追人009

335
初読み作家・深水黎一郎さんのデビュー作で面白くて頁を繰る手が止まらず一日で読み終えましたね。著者はとにかく該博な知識で読者を決して飽きさせない才能に長けておられますね。決して適当な文章ではなく事実に裏打ちされたエピソードはどれも参考になりますしとても勉強にもなりましたね。超心理学・超能力研究の第一人者、古瀬博士はテレビに出演して絶対に髪の寝ぐせは直しませんが強い信念の持ち主で大好きになりましたね。超能力実験の実態や他にも生命保険の免責期間についての知識や天体観測に魅せられた男のロマンも魅力的な話でしたね。2022/02/14

ゆー。

273
『読者が犯人!?』 なんてこった‼私も犯人になってしまった。この物語を読み終えたら『犯人』になってしまう。 賛否両論。発想が良い、そうきたか!!確かに犯人だ、こじつけ、ずるいテレパシー能力、嫌い、など様々な声があったけど…共犯になりたくなければ読まないこと。それしか言えない。ただ、読んだからといって罪に問われることはない。落とし前をつけるため出頭する必要もない。ただ、犯人に仕立て上げられることだけは避けられない。2021/06/21

あきら

218
ページを捲るワクワク感は相当なもの。 すごいアイデアだと思う。いい意味で異常な物語。 本でしか味わえないトリックでした。 ついでにミステリーに関する造詣が深く、勉強にもなりました。2021/07/30

nobby

215
“読者全員が犯人”この帯見れば、それは気になる!(笑)「2億円で究極のトリックを買って欲しい」そんな手紙からの期待とはちょっと違う展開…超能力やら生命保険やら何か関係ない事柄がやたら細かい描写に?確かに伏線なんだけど、ちょっと説明くどいかなぁ。トリック明かされた感想は「ふーん…」「なるほど…」「まあねぇ…」みたいな感じ。確かに自分が殺したことは認めざるを得ない。ちょっと現実味はないが、説得力はあって変化球楽しめた。2015/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8305491
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。