河出文庫<br> 戦力外捜査官―姫デカ・海月千波

個数:
電子版価格 ¥637
  • 電書あり

河出文庫
戦力外捜査官―姫デカ・海月千波

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年06月25日 03時39分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309412481
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

警視庁捜査一課に着任したドジッ娘メガネ美少女警部・海月千波は、周囲の期待を裏切る捜査能力の低さで、配属から2日で戦力外通告を受ける。お守役の設楽恭介刑事と独自に連続放火事件を追ううち、女子大学院生殺人、さらに7年前の幼女殺害事件に辿り着くが…。凸凹コンビは犯人の壮大な復讐計画を阻止できるのか!?

著者等紹介

似鳥鶏[ニタドリケイ]
1981年千葉県生まれ。2006年、第16回鮎川哲也賞佳作入選の『理由あって冬に出る』(創元推理文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

捜査一課配属2日で戦力外通告! 連続放火、女子大学院生殺人、消えた毒ガス兵器……ドジっ娘メガネ美少女警部とお守役刑事が挑む!

【著者紹介】
81年千葉県生。鮎川哲也賞佳作入選の『理由あって冬に出る』でデビュー。魅力的な人物や精緻な物語が支持されている注目のミステリ作家。『昨日まで不思議の校舎』『ダチョウは軽車両に該当します』など著書多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件