河出文庫<br> 犬はいつも足元にいて

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

河出文庫
犬はいつも足元にいて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 171p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309412436
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

やっかいな中学生活を送る僕は時折、犬と秘密の場所に行った。そこには得体の知れない肉が埋まっていて!? 文藝賞受賞作。

【著者紹介】
兄は1975年、弟は1976年、ともに愛知県生まれ。2009年『犬はいつも足元にいて』で文藝賞を受賞し、兄弟ユニット作家としてデビュー。他の著書に『まことの人々』『わたしは妊婦』がある。

内容説明

離婚した父親が残していった黒くて大きな犬。僕にしつこくつきまとう同級生のサダ…やっかいな中学生活を送る僕は時折、犬と秘密の場所に出かけた。その茂みの奥には、悪臭を放つ得体の知れない“肉”が埋まっていて!?日本文学史上初の兄弟ユニット作家による第46回文藝賞受賞作/芥川賞候補作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カナティ

41
兄弟ユニット作家さんのデビュー作。「私は妊婦」に続く2作目です。ほっこりしそうなタイトルに惹かれましたが、内容はブラックですね(笑) 犬好きにはちょっと...な悪意があったり、場面によっては腐敗臭が漂ってくるような感覚でした。とても爽やかとは言えない話ですが、200ページ未満の短くてさらっと読める薄い本なので、不快感を味わいたい方はぜひお試しあれ(笑)。2013/11/22

鱒子

31
図書館本。私は黒い大型犬を飼っているので、気になってジャケ借りです。…予想外の歪んだ世界にびっくりしました。主人公の少年が病んでいるのか、それとも中1という年齢マジックなのか。なんとも嫌な気持ちになる作品ですが、ラストは圧巻。心地悪い余韻が残ります。2017/06/30

河合奈緒美

24
タイトルと大違いの内容でびっくり。途中から恐怖小説なのか?これは?と思ったくらい。主人公をはじめ、登場人物全員が不気味というか・・そう可愛くない!主人公も中学生らしくないし、サダだけじゃくてその母親も超不気味!こんな話に出てきた犬がかわいそうになっちゃった(笑)2014/08/24

波多野七月

13
人と人の間にある体温のようなモノが〈悪意〉に転じた時の、吐き気をもよおすほどの〈臭気〉がここにある。母と子、子とその父。そして、父が残した一匹の犬。いびつな家族、そしていびつな友人関係。クラスメイトのサダとの、不穏なが関係がただ不気味。ぬかるんだ水たまりに足を取られ、泥が跳ねてずぶ濡れになったような。思いもがけない悪意や、誰かのエゴの醜さ。読者に嫌悪感を抱かせる人物描写が、ただ秀逸。幸せの欠けらも予兆も、そこにはなく。ただ、足元の犬の体温と吐く息と、ぬらぬらとした舌が横たわるような暗黒小説。2015/03/31

coco夏ko10角

12
大森兄弟の本は「わたしは妊婦」に続いて二冊目。すごく面白い、というわけではないのだが、なんだか不思議な感じがするというか無視できないというか。死臭や泥々しさに満ちている。サダのお母さんにもっと登場して欲しかったな。芥川賞ノミネート作品。このとき審査員・小川洋子さんが一番高い評価をつけた作品なので、小川洋子さんの感覚が好きな人におススメかも。2013/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7153833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。