河出文庫<br> クォンタム・ファミリーズ

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
クォンタム・ファミリーズ

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月23日 17時55分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 436p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309411989
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

人生の折り返し、三五歳を迎えたぼくに、いるはずのない未来の娘からメールが届いた。ぼくは娘に導かれ、新しい家族が待つ新しい人生に足を踏み入れるのだが…核家族を作れない「量子家族」が複数の世界を旅する奇妙な物語。ぼくたちはどこへ行き、どこへ帰ろうとしているのか。三島由紀夫賞受賞作。

著者等紹介

東浩紀[アズマヒロキ]
1971年、東京都生まれ。作家、批評家。株式会社ゲンロン代表取締役、『思想地図β』編集長。93年、批評家としてデビュー。『存在論的、郵便的』でサントリー学芸賞を、初の単独長編『クォンタム・ファミリーズ』で三島由紀夫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

syaori

43
SF。複数の並行世界を渡る主人公の物語が語られます。彼は並行世界を世界の戯画と評しますが、この物語全体が人生の戯画のよう。並行世界の存在は現実がただひとつではなく生も一回限りではないという世界観を開くのですが、私達も様々な選択とそれにより失われてしまった可能性を思いながら生きている。本書では、ある人物がこれを別の人生を夢みるためではなく「この人生を肯定するために使わなければ」と言うように、運命や人生に意味を求めることの愚が「この人生」を肯定することの意味が、家族の物語の中に昇華されているように思いました。2021/09/21

ソラ

27
自分の読解力のなさからややこしい作品だなぁと思ったけれども、なんとなくの理解で面白く読めた。2013/03/11

SOHSA

19
やはりこれは真実はSF小説でも純文学でもないのだろう。東浩紀の思想と哲学を著した一作品というべきか。確かにあちこちに散種されたメタファをひとつひとつ丁寧に拾い集めれば、今まで東が語ってきたことと結合して新しい景色が見えてくる気がするのだが。しかしそれを東がこうした形式で呈示することにどんな意味と意義があるのだろう。それともそこに意味を求めること自体何ら意味のないことなのか。いずれにせよ読み切れていない。再読の要あり。2013/03/27

ichiro-k

17
倒錯した性的描写表現辺りから、古くは「埼玉連続幼女誘拐殺人事件(宮崎勤)」や「秋葉原通り魔事件(加藤智大)」を思い出し、著者の風貌(トッチャン坊や)と相まってまったく読む気が失せ、読了ならず。世の中にこうしたモノを出版する人間が生息することは否定しないが、私の残り少ない時間内では関わりたくない作品内容と世界観。2013/02/14

overture

15
こうもありえた、こうすることもできたはず、そういう思いに人はどうしても捕らわれてしまい、そこから後悔や罪の意識が生まれる。誰でもぶつかりうるこの問題が並行世界が実在する(かのように見える)設定の中で劇的に描かれている。無数のありえたかもしれない世界・人生に翻弄される主人公が最後に言う、「僕はただ愛するものだけを愛せばいい」という言葉は、この問題に対しての著者なりの回答なのだろう。その言葉をどういう風に受け取るべきか、読んでからしばらく経つけれどまだうまく消化できずにいる。2013/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6322088

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。