河出文庫<br> 殺してもいい命―刑事 雪平夏見

個数:
電子版価格 ¥471
  • 電書あり

河出文庫
殺してもいい命―刑事 雪平夏見

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月23日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 341p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309410951
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「殺人ビジネス、始めます。新規開業につき、最初の三人までは、特別価格三〇万円でご依頼お受けします」―左胸にアイスピックを突き立てられた死体の口には、赤いリボンで結ばれたチラシが突っ込まれていた。殺された男の名は…雪平夏見、最も哀切な事件が幕を開ける。

著者等紹介

秦建日子[ハタタケヒコ]
小説家・脚本家・演出家。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年、『推理小説』で小説家デビュー。同作は『アンフェア』としてドラマ&映画化され、ベストセラーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

217
いやーよかった。これは名作の気がする。犯人は著者のクセからすぐに推測付いてしまうが、これは著者が意図したことと思われる。古典的世界、つまり従前の推理物の多くは、観測者である探偵やら刑事やらが、観測対象である被害者や犯人と見えない壁で隔てられている。本作は量子力学のように刑事と事件がもつれを起こしている。このもつれ具合が面白い。結末付近の謎の描写と次巻の表題から、いやな予感が・・・。2019/03/18

mr.lupin

72
雪平シリーズ、1、2作目を飛ばして3作目を読了と言うか、シリーズ物とは知らなかった。「殺人ビジネス、始めます」フクロウと名乗る犯人の正体は... そして最初の被害者は... 内容もスピーディーな展開で非常に読みやすかった作品だった。最後も衝撃的であり面白かった。このシリーズ他の作品もまた読んでみたい。☆☆☆★★2019/07/18

しーちゃん

62
遺体の口にある紙筒。「殺人ビジネス始めます。」犯人からのメッセージ。冒頭から猟奇的でフクロウと名乗る犯人に、第2第3の殺人の描写に、あっという間にのめり込む。シリーズ物と知らずに借りたが、この作品だけでも十分読み応えがある。犯人を追う捜査一課の美人刑事は捜査の過程で2人を殺した過去があり、チームのメンバーも個性的でわかりやすく好感が持てる。プロローグと合間に語られるエピソードが最後に明らかになった時、まんまとミスリードされていた事に気づく、この構成はうまい。犯人の動機は明らかになっても理解出来ないけれど。2021/05/20

RIN

62
雪平刑事シリーズ3作目。前作までは脚本ともノベライズともつかない感じがあったが、本作は「小説」になってる!!面白い!脳内で雪平=篠原涼子、安藤=瑛太になってしまう(笑)。次作も出ているので読んでみるつもり。この作家さんの作品はドラマ化されているのが多いけれど、他のはどうだろうか?(つまり小説として)2012/11/09

KAN

61
なんとコメントすればよいやら、大丈夫か?。3作目ですが、どんどん面白くなっている。ブレない雪平が、ラストブレた。早く次が読みたい!とにかく読みたい!2017/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3359789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。