河出文庫<br> そこのみにて光輝く

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

河出文庫
そこのみにて光輝く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309410739
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

北の夏、海辺の街で男はバラックにすむ女に出会った。二人がひきうけなければならない試練とは―にがさと痛みの彼方に生の輝きをみつめつづけながら生き急いだ作家・佐藤泰志がのこした唯一の長篇小説にして代表作。青春の夢と残酷を結晶させた伝説的名作が二〇年をへて甦る。

著者等紹介

佐藤泰志[サトウヤスシ]
1949年、北海道・函館生まれ。國學院大學哲学科卒。高校時代より小説を書き始める。81年、「きみの鳥はうたえる」で芥川賞候補となり、以降三度、同賞候補に。89年、『そこのみにて光輝く』で三島賞候補となる。90年、自ら死を選ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

535
若者の貧困を語った新書で紹介されていた作品。映像鑑賞済み。貧困から抜け出したくともその方策のない、主人公たちの生き様。映画は第一部の大筋をなぞって制作されたようだが、文字通り光の見える第二部も読み応えがある。子どもたちの幸せを願いながらも、手助けするすべもない母親が不憫だ。表題は「そこ(底)のみにて」なのだと知り、やりきれなさに拍車がかかる。若くして自死されたという作者の作品、手に入る限り読み尽くしたい。2022/05/18

おしゃべりメガネ

236
北海道は函館出身の作家さんで初読みの佐藤泰志さん作品です。読み始める時に読友さんが絶賛していたので、自ずと期待値ハードルが上がってしまいましたが、そんな高さをものともせず、軽々と楽勝にクリアしてしまうくらい素晴らしい作品でした。とにかく人物描写や心理表現が秀逸で、何気ないしぐさや、表情までもがこの上なく繊細に伝わってきます。人物がそれほど多くなく設定されているので、読みやすく、その風景の美しさも合わせて堪能できます。個人的には主人公より「千夏」さんのキャラがとても魅力的で、とても素晴らしい読書時間でした。2015/10/27

カムイ

110
佐藤泰志作品二冊目、昭和50年代の函館を舞台にした若者の群像劇かなぁ⁉️舞台は啄木公園にあるバラックと市営住宅と大森浜と海岸町にあったラブホ。全てリアルタイムで体験しているこの場所に彼らが私の横をすり抜けていく様がdejabu様に目眩すらした。主人公の達夫、彼女の千夏、その弟の拓児の残酷なまでの青春に不器用だ、町の衰退を背景にしながら希望を持ち、日々をおくる姿は底辺にいても明るさはあったと言えるだろう。冒頭にパチンコ屋の場面ではあり得るかなとそんな出会いで人生もガラッと変わってしまうのは、この→2022/01/26

あちゃくん

106
今年見た映画で、心揺さぶられた作品の原作本。映画は映画で、小説は小説で、両方とも独自に美しさが有り良い作品でした。ストーリーは映画と小説で多少組み替えていますが、ともに納得感がありました。小説の方は乾いた筆致ですが人間の情動をうまく表現できていると思います。良い作品でした。2014/09/25

アキ

92
菅田将暉、綾野剛、池脇千鶴出演の同名映画を見てから原作を読んだ。北の寂れた街の海辺のバラック。そこに住む拓児と姉千夏とパチンコ店で出会う達夫。この3人を軸にした物語。小説で圧巻なのは、達夫と千夏の海辺でのセックスシーンと、達夫が松本の別れた妻との不倫関係での性交の描写。映画では達夫と千夏のラストシーンでの表情が忘れ難い。昭和の重く、湿気のある空気感を久々に思い起こさせる映画と小説。著者は、函館生まれ。1990年41歳で自死した。本書は1989年第2回三島由紀夫賞候補作。永らく絶版だったが、2011年再版。2021/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3026216
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。