河出文庫
落語の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 357p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309409962
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0176

内容説明

入門、稽古、昇進、しくじり、収入など、落語の世界で起こるさまざまな出来事をリアルに描き切った名著が復活。巻末に落語事典も収録され、これから落語を聞く人にも、落語通にも必携の一冊。

目次

自殺した落語家
入門
楽屋入り
前座の仕事
噺の稽古
下座さん
小言のかずかず
覚えること
二つ目前夜
二つ目の悲哀〔ほか〕

著者等紹介

柳家つばめ[ヤナギヤツバメ]
1927年、宮城県生まれ。國學院大学卒業後、教員を経て5代目柳家小さんに入門。大卒の落語家第1号となる。63年真打。当時の政治や社会を諷刺した新作落語で人気を博し、将来を期待されていたが、74年早世。自らの落語の書籍化など文筆分野でも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

入門、稽古、昇進、しくじり、収入など、落語の世界で起こるさまざまな出来事をリアルに描き切った名著が復活。巻末に落語事典も収録され、これから落語を聞く人にも、落語通にも必携の一冊。