河出文庫<br> 野ブタ。をプロデュース

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり

河出文庫
野ブタ。をプロデュース

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 14時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 201p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309409276
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

人間関係を華麗にさばき、みんなの憧れのマリ子を彼女にする桐谷修二は、クラスの人気者。ある日、イジメられっ子の転校生・小谷信太が、修二に弟子入りを志願するが…はたして修二のプロデュースで、信太=野ブタは人気者になれるのか?!TVドラマ化もされた青春小説の決定版・第41回文藝賞受賞作。

著者等紹介

白岩玄[シライワゲン]
1983年、京都市生まれ。2004年「野ブタ。をプロデュース」で第41回文藝賞を受賞し、デビュー。2005年、同作は第132回芥川賞候補作になり、またテレビドラマ化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

s-kozy

88
「この本、面白いよ」というバトンが娘(お姉ちゃん)から息子(弟)へ、息子から私に渡され、リレーされてきた本。仲間に近づき過ぎず遠ざかりもせず、ちょうどいい距離間のぬくい人間関係を保つために、着ぐるみを着ているつもりで人気キャラ「桐谷修二」を演じる高校二年の俺。しかし、ふとした気の緩みから馬脚を現し、うまく築いてきたはずの俺のアイデンティティは崩壊する。思春期後期の自己が完成する直前の大人には成り切っていない男子の危うさがうまく描かれていた。本当は修二のアイデンティティなんて確立されていなかったんだけどね。2016/09/27

アポロ

55
ある意味、現代版人間失格ぽい!桐谷修二が苦手なタイプだったからいまいち楽しめなかった!2020/03/11

いしかわ

39
いつかやっていたドラマの'野ブタをプロデュース'とは全く違う作品だと言っても良いほど、私の知ってる野ブタでは無かった。自分自身を演じ、人間関係を徹底的に軽くあしらって'真実'なんて微塵も出さない人間関係は 確かに楽だが そこに何も残さない。ドラマはユーモアに溢れていたけど、この原作はさらっと読めてそして どよんと暗い。繋がりが薄いと、簡単に切れて 人は すぐに敵になる。こういう小説、なんか妙に胸が痛む。2013/05/31

coco夏ko10角

30
ドラマと設定が違う部分があるとは聞いたことがあったけど、この結末にはびっくり。あのキャストのドラマでこのラストにするわけにはいかないだろうけど、小説としてはこういう終わり方も好き。あとWが娘。を卒業したり文部省だったり、色々思い出してなんだか懐かしくなった。2015/02/20

白蓮

25
ズバリ、主人公の桐谷修二君にはベストセラーの『嫌われる勇気』を読むことをオススメしよう。人間関係って本当に厄介で難しくて微妙。思春期なら尚更。痛い目に遭わされて流血している自分を助けてくれないのは友達ではないのか?信じるとか、本当の自分を知っているとか、そんな抽象的なものでしか絆は太くならないのか?、自分のキャラなんて作り上げるものでも、演じるものでもないのだけど、そう気づくのはずっと年をとってからなんですよね。まだ17歳。自分の未来は変えられるさ、修二君、そんな重たい着ぐるみは脱いでしまえよ!2016/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/535775

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。