河出文庫
ボディ・アンド・ソウル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309409269
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

二〇〇二年十一月から二〇〇三年七月、東京―作家フルカワヒデオの魂は彷徨っていた。肉体は死んでいる。しかし夢見ている。失われた妻を求め、導師に導かれながら、この“低音世界”で物語は語り続けられる。なぜ物語るのか?なぜ物語られるのか?21世紀の路上に響く、衝撃の神聖喜曲。

著者等紹介

古川日出男[フルカワヒデオ]
1966年、福島県生まれ。98年『13』で作家デビュー。2002年『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞と第23回日本SF大賞を受賞。06年『LOVE』で第19回三島由紀夫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっとる◎

40
生きることと語ることを等号で結ぶ。Q.君はどうして物語りつづけるのでしょう?古川日出男の答えの1つがこの本じゃないかしら。殺されないために語り続けたシェヘラザード。なにかを生かし続けるため物語は横溢し続けるのだ。語ることは生きることだから私も宇宙人にすらすがる。「物語養成チップを埋めこんで」。私のボディとソウル。それを抱えて生かすために何を語ろうか。愛についてだけ考えていたいけど、それを生かし続けるために語り続けなければならない。そんなものもうないんだよなんて言わせない。愛はある。物語が尽きないんだから。2017/11/11

さっとる◎

40
何だろうねこの本は?エッセーと見せかけての、何だ(笑)。フルカワヒデオの妄想が止まらない。脳味噌沸騰。ヴィトン攻略、宇宙人襲来、際限なく溢れ出る物語のタイトルや主題etc. だいぶ面白いんだが。読み終わった瞬間「うわーお」と声が出た(笑)。古川日出男の本を読んだ後は世界が違った見え方をする。水は音波を伝えるには理想的な媒体らしい。人間のからだは70%が水でできている。「だから、音は聞こえる」「ボディで?」「そう」サヴァイブする肉体を意識しろ。普段聞かない音を聞いて、見ない色を見たら、世界の様相は一変する。2016/10/02

hide

10
初めて彼と出会った時、私も彼も「ヒデ」だった。いつからか私は彼を「ヒデ」と呼び、彼は私を「hide」と呼んだ。音が同じだって?うん。的確な指摘。感じ取れるか、取れないか。ソウルとボディで。さあ、ここから何を物語つづけよう。この低音世界で。2018/04/12

6
彼の思考にアジャストさせるのに半分、150頁くらいかかってしまった。小説は何冊か読んでるけど実際の思考はやはり別物か。とゆうかこれはある種自伝ではあるが、リアル・古川日出男のものかフィクション・フルカワヒデオのものであるか定かでない。後半は実に彼らしいけど前半部は中島らもと比較してしまえて、う~ん。彼のファンにしかお薦めできない本かな。ただ、小説家(一括りにはできないけど)がどういう思考で物語を紡ぐのか断片が垣間見えて面白かった!作曲と同じだねぇ。2013/05/18

gu

4
ケルアック『路上』+ダンテ『神曲』と、言われるまで気づきもしなかったがよく見ればそこかしこで言及されている。古川日出男の作品には珍しくエッセイ風、と思わせて他の作品以上に語りの仕掛けが凝らされたフィクションについて語るフィクションだったりする。単純にライフスタイルの疑似体験としてひたすら愉しいのだけれども。書を捨てずに街へ出る。2015/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/511918

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。