河出文庫<br> 桃尻語訳 枕草子〈上〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
桃尻語訳 枕草子〈上〉

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2019年08月26日 10時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 325p
  • 商品コード 9784309405315
  • NDC分類 914.3
  • Cコード C0195

内容説明

驚異の名訳ベストセラー、ついに文庫化!その上巻は、第一段「春って曙よ!だんだん白くなってく山の上の空が少し明るくなって…」から―第八十二段「中宮職の御曹司にいらっしゃった頃、西の廂でお経のマラソンがあるんで…」まで。

目次

春って曙よ!
頃は―
おんなじ言うことでも、聞いた感じで変わるもの!
可愛がりたいなァって子をさ
大進生昌の家に宮がおでましになられるっていうんで
宮中にいる御猫さんは殿上人でね
正月一日と三月三日だったら
昇進のお礼を申し上げるのって、ホントに素敵よねェ
一条大宮院の仮内裏の東をね、北の陣ていうのね〔ほか〕