内藤雄士の本当に大事なゴルフの基本 SWING編

個数:
電子版価格
¥1,300
  • 電書あり

内藤雄士の本当に大事なゴルフの基本 SWING編

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784309293783
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C0075

目次

1 ゴルフスイングの特性と核心を知ろう!(ゴルフスイングの特性―前傾して止まったボールを正確かつ遠くに飛ばすには、軸の安定が不可欠;ゴルフクラブとスイング―クラブシャフトの軸線から外れたところでボールを打つのがゴルフ ほか)
2 スイングの決め手は自分だけのオリジナルグリップ(グリップの形―自分の“骨格”に合ったグリップを探そう;グリップは出発点―グリップはクラブと体の唯一無二の接点最初の違和感に負けてはいけない ほか)
3 アドレスのポイントは「骨格」のポジショニング(スイングの出発点―いいアドレスが作れればスイングも自然とよくなる;関節の向き―わきが自然と締まるポジションで構えるのがポイント ほか)
4 スイングは「こうする」ではなく「こうなる」が正解(体幹で振る―腕の振りよりも体幹の動きに主眼を置いた練習が大切;腕は体幹に連動―体幹部の捻りに連動して肩と腰が自動的に回転する ほか)

著者等紹介

内藤雄士[ナイトウユウジ]
ゴルフコーチ・ゴルフアナリスト。1969年生まれ。日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新のゴルフ理論を学ぶ。帰国後、ゴルフ練習場ハイランドセンター(杉並区・高井戸)にラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、レッスン活動を始める。1998年、ツアープロコーチとしての活動を開始。2001年には、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会の舞台を日本人初のツアープロコーチという立場で経験する。丸山茂樹プロのツアー3勝をはじめ、契約プロゴルファーの多数のツアー優勝をサポートしてきた。現在は様々なゴルフ媒体への出演や、一般財団法人丸山茂樹ジュニアファンデーションで理事を務めるなどジュニアゴルファーの育成にも力を入れている。また、PGAツアーを中心に、ゴルフアナリストとしても活動している。株式会社ハイランドセンター代表取締役、東京ゴルフ専門学校理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。