地獄の伊東キャンプ―長嶋茂雄が闘魂こめた二十五日間

個数:

地獄の伊東キャンプ―長嶋茂雄が闘魂こめた二十五日間

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月16日 17時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309293172
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

江川卓、西本聖、中畑清…。精神と肉体の限界に挑戦した、球界伝説の熱き日々をあらたな証言で描き切る渾身のノンフィクション!

目次

長嶋茂雄
江川卓
西本聖
松本匡史
角盈男
篠塚和典
中井康之
二宮至
中畑清
平田薫
赤嶺賢勇
鹿取義隆
藤城和明
中司得三
淡口憲治
河埜和正
山本功児
資料にみる伊東キャンプ

著者等紹介

鈴木利宗[スズキトシムネ]
1972年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中に応援部主将を務める。卒業後、2000年よりルポライターとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ライアン

5
1979年に静岡県伊東市で行われた「地獄の伊東キャンプ」について当事者についてインタビューしたものの。漫画「江川と西本」でその壮絶さは知ってたけど改めて凄いなと。長嶋監督、コーチ始め心を鬼にしてやってたんだろうな。今なら絶対できないでしょう。それぞれにとってこのキャンプは心の財産になったんだな、特に中畑さんはね。面白かったです。2023/07/09

来訪者

3
かの有名な地獄の伊東キャンプ。当方は世代的にリアルタイムで見てないのですが、想像以上でした。この時代だからこそ許されたのでしょうが、GMもトレーナーもいない上に理論も今ほどではないこの時代に全てを背負う監督の覚悟と様々な感情を抱きながら応える選手達。そら強くなるはずだわと(笑)2023/08/13

itchie

0
今さら、たった1回の秋季キャンプを振り返ってなんになると思ったけれど、とにかく面白い。まず江川や中畑が語るキャンプの地獄っぷりに驚く。そして伊東キャンプを起点に描かれるそれぞれの人生、ここが読みどころ。長嶋茂雄、昭和の巨人軍の存在の大きさを感じる。読み応え抜群のノンフィクション。2023/11/04

森田健作

0
面白い。2023/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21215061
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。