漫画 サピエンス全史 人類の誕生編

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

漫画 サピエンス全史 人類の誕生編

  • ウェブストアに56冊在庫がございます。(2022年05月22日 04時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 248p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784309293011
  • NDC分類 209
  • Cコード C0922

出版社内容情報

かつて地上には何種ものヒトがいた。なぜ私たちだけが繁栄することができたのか? 世界的ベストセラーの公式漫画化、ついに始動!

内容説明

かつて地球上には何種ものヒトがいた。アフリカの片隅でやっと生きていたホモ・サピエンスだけがなぜ繁栄したのか?―歴史学だけでなく、人類学や考古学、さらにはサイエンスの最新知識も駆使して、人類史をまったく新しいかたちで描き出した世界的ベストセラー『サピエンス全史』。著者ユヴァル・ノア・ハラリが第一線で活躍する作家とコラボレーションをして、ついに公式漫画化プロジェクトが始動する!オールカラーのイラスト、ユーモアあふれる数々のエピソード、魅力的なキャラクター陣が織りなす、かつてない壮大な物語!

著者等紹介

ハラリ,ユヴァル・ノア[ハラリ,ユヴァルノア] [Harari,Yuval Noah]
イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。また、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『フィナンシャル・タイムズ』紙、『ガーディアン』紙などの大手メディアに寄稿している。著書『サピエンス全史』『ホモ・デウス』『21 Lessons』(以上、河出書房新社)は世界的なベストセラーとなっている

ヴァンデルムーレン,ダヴィッド[ヴァンデルムーレン,ダヴィッド] [Vandermeulen,David]
ベルギーのバンド・デシネ作家。1968年生まれ。代表作は伝記・歴史作品の連作Fritz Haber

カザナヴ,ダニエル[カザナヴ,ダニエル] [Casanave,Daniel]
フランスのバンド・デシネ作家。1963年生まれ。La Revue Dessin´ee誌で定期的に作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

81
マンガ版(グラフィックノベル)上巻の前半。大判サイズ重い[サバンナの逆襲]先史時代ビル。生き残ったただ1種類のヒトの進化について[虚構(フィクション)の達人]サピエンスは神話を共通認識として、無数の他人と協力できる。認知革命。[性の嘘と洞窟壁画]サピエンスは狩猟採集生活が長かったので、その生活様式は変えられない。自然な家族様式、性の在り方は何を持って「自然」というのか?原始豊潤社会あり、何を持って豊かというのか?[大陸をまたにかける連続殺人犯]サピエンスは大量殺戮者であり、私たちもその一員である▽面白い2021/03/13

わむう

26
知人から「ヒトがわかれば、歴史だけでなく、政治、経済、文化に対する見方が広がってきて面白くなってきます」と勧められて読んだ一冊です。ヒトは何のために二足歩行になって頭脳を与えられたんだろう。2021/05/25

オリバ

21
ベストセラー「サピエンス全史」のうち、人類の誕生について、全編漫画で楽しみながら読むことが出来ました。かつては少なくとも他にも数種類いたサピエンスの中で、何故我々だけが生き残ったか。火がもたらした「認知革命」、「虚構の共有」などをキーワードとして解説されており、大変興味深いです。ゆっくりとした「進化」を経ず、いきなり生態系の頂点に躍り出た故「危険な」動物となってしまったサピエンス。私たちはこの先も繁栄を維持していけるでしょうか。「我々が今本当にすべきことは何か」、考える材料を与えてくれる本です。2020/12/31

やま

16
サピエンス全史の先史時代部分をあつかった漫画。ページ数も情報量も多く、読むのに難儀する部分もありますが、そこは漫画、なんとか理解できました。残っている遺跡や遺物などから歴史を組み立ていくのですが、現代人のフィルターを通してしまっているという考えは大事にする必要があります。人間、歴史を都合よく考えてしまいがちですね。2021/11/10

hatman

12
動物がが組織できるのは150人が限度。もっと組織(協力)するには虚構(フィクション)が必要。虚構は神話・宗教・正義・経済などに形を変えて「想像上の現実」として信じさせ組織化できる。これが7万年前の認知革命。サピエンスは、虚構を信じる能力によって、他のヒト属を駆逐しグレートジャーニーの原動力にもなっている。1.2万年前の農業革命、産業革命を経て、サピエンスは他種族を駆逐しながら今もなお増殖を続けている。2021/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16714662

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。