いまだから語りたい昭和の落語家 楽屋話―志ん朝、円楽、談志…好楽が見た名人たちの素顔

個数:

いまだから語りたい昭和の落語家 楽屋話―志ん朝、円楽、談志…好楽が見た名人たちの素顔

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309291802
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0076

出版社内容情報

三遊亭円楽、古今亭志ん朝、立川談志、春風亭柳朝、柳家小さん…芸能生活55年の好楽が、数々の名人たちとの記憶を語る。

内容説明

だから、昭和の落語はおもしろい!黄金時代を生きた名人たちの知られざる一面がいま、よみがえる―。“昭和名人たちから最も可愛がられた”好楽による古き良き時代のとっておきの落語界裏話。

目次

八代目林家正蔵
林家三平とこん平とたい平
立川談志
古今亭志ん朝
五代目三遊亭円楽
五代目春風亭柳朝
七代目橘家円太郎
二代目古今亭甚語楼
四代目柳亭春楽
四代目古今亭志ん好
古今亭志ん五
九代目入船亭扇橋
九代目桂文治
五代目柳家小さん
八代目橘家円蔵
笑福亭仁鶴
上方落語の四天王
笑福亭鶴瓶
八代目桂文楽
四代目三遊亭小円遊
六代目小金井芦州
三波伸介

著者等紹介

三遊亭好楽[サンユウテイコウラク]
本名・家入信夫。1946(昭和21)年8月6日、東京・東池袋生まれ。1966(昭和41)年、八代目林家正蔵(のちの彦六)に入門。前座名は林家のぶお。1971(昭和46)年、林家九蔵で二つ目。1981(昭和56)年真打ち。師匠没後、1983(昭和58)年、五代目三遊亭円楽に入門。三遊亭好楽を名乗る。1979(昭和54)年に「笑点」大喜利メンバーに。途中、四年間のブランクを経て現在に至る。長男は三遊亭王楽(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。