アメリカから遠く離れて

個数:
  • ポイントキャンペーン

アメリカから遠く離れて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 22時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309291109
  • NDC分類 778.2
  • Cコード C0073

出版社内容情報

戦前から豊饒なアメリカ=世界の映画・音楽を浴びて育ったジャズ評論家と、その後輩の批評家が文化体験を語りあう贅沢極まる対談集。

内容説明

ジャズ評論の大長老と映画批評の巨人による饗宴がはじまる。『國民の創生』『教授と美女』『阿片戦争』…映画と記憶に誘われ語られる、いい加減で真剣な文化とのつき合いかた。

目次

1章 二〇一八年十一月二十九日(「カクテル・フォー・トゥー」;瀬川昌久の幼少期 ほか)
2章 二〇一八年十二月二十一日(瀬川少年、海軍に憧れる;「京都学派」と新聞小説 ほか)
3章 二〇一九年四月二日(『A Lion Is in The Streets』;忘れじのヒューイ・ロング ほか)
4章 二〇一九年四月二十六日(リンカーン殺しに扮するラオール・ウォルシュ『國民の創生』;映画の中の黒人の描かれ方 ほか)
5章 戦前の日本映画アンソロジー(小津のモダニズムと一九三〇年代京都ヌーヴェル・ヴァーグ;高級車と職業婦人の描き方、あるいは伏水修という監督 ほか)

著者等紹介

瀬川昌久[セガワマサヒサ]
1924年東京生まれ。少年時よりジャズを愛好し、1950年代ビジネスでニューヨークに滞在中チャーリー・パーカーやギル・エヴァンスに接してその研究に努む。帰国後、ジャズ、レヴュー、ミュージカルなどの企画・評論に従事。現在、社団法人日本ポピュラー音楽協会名誉会長、月刊誌『ミャージカル』編集人。永年にわたるジャズ音楽とミュージカル普及の功績により、文化庁長官賞を受賞

蓮實重彦[ハスミシゲヒコ]
1936年東京生まれ。仏文学者、映画批評家。1997年から2001年まで東京大学総長。映画・文芸批評から創作まで幅広く精力的に活躍。85年雑誌『リュミエール』創刊編集長、77年『反=日本語論』(筑摩書房)で読売文学賞、83年『凡庸な芸術家の肖像(マキシム・デュ・カン論)』(青土社)で芸術選奨文部大臣賞、『監督 小津安二郎』(筑摩書房)で映画書翻訳最高賞、『伯爵夫人』(新潮社)で三島賞受賞をそれぞれ受賞。1999年、フランス政府より芸術文化コマンドゥール勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

garth

13
「先ほどタクシーに乗ってまいりましてね、なぜ安倍さんはあんなに支持率が下がらないのか、それをどう思うのか運転士さんに訊いたら、お客さんそれは簡単ですよ、他に人がいないからです、というんです」蓮實重彦がこんな直截なことを言っている!2021/01/03

chiro

2
蓮實重彦と瀬川昌久という映画・音楽を評する重鎮による語りは1930年代以降のアメリカとヨーロッパ、そして日本の作品群を網羅したもので取り上げられたどの作品も目にしてみたいと思わせるものであった。2021/01/23

yoyogi kazuo

1
音楽界と映画界の重鎮どうしの重鎮トークだが、至って軽妙であり決して重い話ではない。ところどころ日本の現状とこの先の日本を憂う発言が飛び出すのは仕方ないというか、それこそがこの本が今出版された意義なのであろう。戦前戦後の映画や音楽にはまったく詳しくないので半分くらいは読み飛ばしてしまった。小津や溝口の映画が世界レベルだったのと同じく戦前のジャズに影響を受けた日本の歌謡曲のレベルが高かったことはもう常識だと思うが、三島由紀夫を「平岡」と呼び捨てにできた瀬川さんが語るとその評価には重みが増す。2021/04/26

中本陽介

0
エリック・ロメールの『グレースと公爵』が観たくなった。2021/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16857936

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。