エドワード・ゴーリーの世界 (改訂増補新版)

個数:

エドワード・ゴーリーの世界 (改訂増補新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309290751
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0071

出版社内容情報

唯一無二の作家の魅力と作品を紹介した日本オリジナル編集。新たなコレクションを増補改訂、カラーページも増量した最新決定版!

内容説明

唯一無二の作家の魅力とユニークな作品を紹介した、日本オリジナル編集ガイド。世界的コレクターによる秘蔵のコレクションを増補改訂した最新決定版。

目次

エッセイ(エドワード・ゴーリーの素晴らしき世界(濱中利信)
エドワード・ゴーリーとゴサム・ブックマート(アンドレアス・ブラウン)
エドワード・ゴーリー(ヘンリー・トゥリーダーノ)
黄昏のニューヨークで、ゴーリー氏を出逢えた幸せ(磯田和一)
ゴーリーとニューヨーク、舞台とゴーリー(渡辺葉)
あくまでもうろんなファンとして(和歌山友子))
Gorey Alphabet エドワード・ゴーリーを知るためのABC(濱中利信)
特別座談会 ゴーリー作品の魅力を語り合う(濱中利信;江國香織;柴田元幸)

著者等紹介

濱中利信[ハマナカトシノブ]
1961年東京生まれ。1976年、初めてゴーリー作品と出会う。慶應義塾大学文学部在学中は推理小説同好会に所属する。1999年、日本で最初のエドワード・ゴーリーに関するホームページ「Wonderful World of Edward Gorey」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

193
これ一冊で、あなたもゴリゴリのゴーリー通になれます。さりげなく、ねじれていて、毒のあるユーモアが溢れ、ゴーリー愛が高まります。そこには不条理な絶対性が確かにあります。2020/08/24

コットン

78
ゴーリーの魅力を紹介した本。最初にカラーでゴーリーのグッズや自作本や他作家へのイラスト本、本の体裁に注目したものなどでグッと前のめりになる!対談や『エドワード・ゴーリーを知るためのABC』という章が良い。最初にゴーリーを 日本に紹介したのはJ・Jこと植草甚一さんなのはさもありなんという感じです。2022/04/10

蘭奢待

49
ゴーリーマニアによるゴーリーマニアのための本。カラー書影の作品カタログと、エッセイ、対談で構成。実に多作で、邦訳はほんの一部であることを知る。数作を読んだが、大人の絵本であり、作風はシュール。ストーリーも登場人物も、変な生き物も意味不明、伏線として回収されることもない。答えはなく好きに解釈するのが正解らしい。ゴーリー氏曰く、WYSIWYG。考えるな、感じろ、といったところだろう。2021/01/16

Nyah

35
ゴーリーの仕事のあれこれが載ってて楽しい。ミュージカルのポスターや古書フェアのポスター、本やTV番組のポスター。飛び出す絵本「THE DWINDLING PARTY」が欲しい。自分の誕生日(まだだいぶ先だけど)に買っちゃおうかしら。絵本も日本語タイトルがついてないものが多く、翻訳と出版をお願いしたいです。今の気分はゴーリー❤️な感じ。2021/02/13

つちっち

14
独特の韻を踏んだ文章と独自のモノクローム線画で作品を残したエドワード・ゴーリーの解説本。絵を見ればなんとなく知ってはいるけど…ぐらいの絵本作家だったけど、魅力は絵ばかりではないみたい。そして、残酷ばかりでもないみたい。翻訳の優れたものをいくつか読んでみよう。2021/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15547697
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。