怖いほど願いがかなう 音と声の呪力

個数:
  • ポイントキャンペーン

怖いほど願いがかなう 音と声の呪力

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309289113
  • NDC分類 147
  • Cコード C0030

出版社内容情報

古代人は特定の音や声が、呪術的効果を生むことを知っていた!その驚くべき効果とは?古代の叡智を現代に甦えらせる!

内容説明

人類は古来、音を出す道具や、声、歌を駆使してスピリチュアルなパワーを得てきた。音にまつわる宗教儀礼や祭り、習俗の歴史を丹念にひもとき、どの音にどんな霊的効果が秘められているのかを詳細に検証。潜在能力を開花させ、心豊かに暮らすために「古代人の秘術を活かす方法」を解説!

目次

1章 「音楽」はそもそも呪術として誕生した―太陽の霊力を呼び込む「ドレミの呪文」と440ヘルツの謎(宇宙の根源に意識をつなぐ呪文とは;呪文を理解するカギは原始太陽信仰 ほか)
2章 邪気を祓い、神懸かりを起こす「古代楽器」と「パルス音」―弓や琴の音、発声によって呪力が発動する仕組み(ポケモン事件を引き起こしたパルス刺激;普通の音に霊力・呪力を込める方法 ほか)
3章 霊魂を宇宙とつなぐ「神聖な音」の正体―三味線や尺八、鐘、鈴に秘められた「高次倍音」とは(霊的エクスタシーとは何か;不可視の霊的三要素を刺激するのは音 ほか)
4章 古代の叡智を活かして願望を実現する秘術―スピリチュアルな音や言葉の習慣が運命をひらく(音が霊力・呪力を宿す3つの条件;日常生活の能率を上げる ほか)

著者等紹介

秋山眞人[アキヤママコト]
1960年生まれ。国際気能法研究所所長。大正大学大学院文学研究科宗教学博士課程前期修了。13歳のころから超能力少年としてマスコミに取り上げられる。ソニーや富士通、日産、ホンダなどで、能力開発や未来予測のプロジェクトに関わる。画家としても活動し、S・スピルバーグの財団主催で画展も行なっている。コンサルタント、映画評論も手がける

今雅人[コンマサト]
1966年、青森県生まれ。学習院大学文学部心理学科卒。音楽文化の中に眠る古代の精神と哲学史を研究。作曲家。2003年に青森県音楽資料保存協会を設立し、青森県の音楽文化を継承する活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
「音楽」はそもそも呪術として誕生―太陽の霊力を呼び込むドレミの呪文と440ヘルツの謎:宇宙の根源に意識をつなぐ呪文 呪文を理解するカギは原始太陽信仰  「古代楽器」と「パルス音」―弓や琴の音、発声によって呪力が発動する仕組み:パルス刺激 普通の音に霊力・呪力を込める方法 霊魂を宇宙とつなぐ神聖な音の正体―三高次倍音とは:霊的エクスタシー 不可視の霊的三要素を刺激 古代の叡智を活かして願望を実現する秘術―スピリチュアルな音や言葉の習慣が運命をひらく:音が霊力・呪力を宿す3つの条件 日常生活の能率↑2021/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18204177

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。