がんを生きぬくお金と仕事の相談室

個数:
  • ポイントキャンペーン

がんを生きぬくお金と仕事の相談室

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月27日 21時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309287218
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0077

内容説明

父親を肝臓がんで見送り、みずからも乳がんを発症。カラダと心の痛み、家族とのコミュニケーション、治療費の工面、仕事・収入の悩みをどうしたらいい…。つらい体験をのりこえ、相談支援の豊富な実績をもつ著者ならではの貴重な知恵&情報!不安をとり除き、自分の思う人生を歩むための必読書!!

目次

1 カラダと心の痛みにヘコまない―「がん」と診断された。まず最初にすべきことは…(告知はあたりまえの時代。どう受けとめるか;告知から1年間、こころの痛みを軽くするには ほか)
2 家計を賢くやり繰りする―患者ライフでかかる費用と支援制度を知ってますか…(病院内で「かかる費用」はどのくらい?;高所得者ほど治療費がかかる! ほか)
3 職場の理解のもと働き続ける―治療と仕事の両立をあきらめないで…(がんを宣告されても仕事は辞めない!;仕事を継続するための社会保障制度を知ろう ほか)
4 「いざ」となっても、あわてない―備えをしっかりする。保険やローン、どうするか…(治療と生活のためのお金を「見える化」する;医療保険とがん保険、役に立つのは? ほか)
5 納得いく望ましい治療を受ける―患者力をアップして“自分らしく”生きよう…(最新がん治療「ゲノム医療」の時代がくる!;がんになっても子どもが欲しい ほか)

著者等紹介

辻本由香[ツジモトユカ]
兵庫県生まれ。企業の会計や大手証券会社・都市銀行での営業などに約30年従事。2015年2月、奈良県に「つじもとFP事務所」を開業。地方自治体・医療機関・士業対象の研修でセミナー講師を務める。32歳で父をがんで亡くし、自らも43歳で乳がんを発症した経験をふまえ、ライフワークの「がんと向きあうFP」として講演や執筆をおこなっている。CNJがんナビゲーター、CFP(ファイナンシャルプランナー)、キャリアカウンセラー、医師事務作業補助者、両立支援コーディネーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

がん患者が直面する経済的不安をどう解消すべきか。誰も教えてくれなかった、「お金・暮らし・仕事・気持ち」の備え方、乗り越え方。