睡眠薬 その一錠が病気をつくる―薬を使わない薬剤師が教える

個数:
電子版価格 ¥1,375
  • 電書あり

睡眠薬 その一錠が病気をつくる―薬を使わない薬剤師が教える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 07時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309287058
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C0077

出版社内容情報

まるで風邪薬のように飲んでいる睡眠薬がもたらす依存症の危険性や、薬に頼らず良い睡眠を得られる具体的な方法を紹介する1冊。

宇多川 久美子[ウダガワ クミコ]
著・文・その他

内容説明

寝つきが悪い、すぐに目が覚める、ストレスがある…など、いろいろな理由から飲むことになった一錠の睡眠薬。いつのまにか依存症になっていませんか?不眠や睡眠障害の大半は、自分でつくっていることも。日本は睡眠薬大国。処方の規制が世界一甘い!睡眠薬や睡眠導入剤、そのリスク。薬に頼らずぐっすり眠れるようになる方法を伝授!

目次

第1章 睡眠薬の甘い罠(かかりつけ医でとりあえず処方される睡眠薬;不眠大国日本は、睡眠薬大国でもある ほか)
第2章 睡眠薬の仕組みと副作用(睡眠薬は作用時間によって使い分ける;主流の睡眠薬は、GABAの働きを増強させたもの ほか)
第3章 眠りの本質と「睡眠負債」(「睡眠負債」は、罪作りなキーワード;認知症、ガン、糖尿病、健康面の不安も ほか)
第4章 減薬・断薬するには?(睡眠薬の服用は、いつも不安と背中合わせ;不眠症のタイプごとに、処方される薬は異なる ほか)
第5章 睡眠薬に頼らず、快眠する方法(「睡眠衛生」と不眠の原因を見直そう;ひと言で不眠症といっても、原因はさまざま ほか)

著者等紹介

宇多川久美子[ウダガワクミコ]
1959年千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)。一般社団法人国際感食協会代表理事。(有)「ユアケー」代表取締役。NPO法人「統合医学健康増進会」常務理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

乱読家 護る会支持!

2
「薬を使わない薬剤師」宇田川さんの本。。。 かかりつけ医でとりあえず処方される。睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ。主流は神経伝達物質GABAの働きを増強したもの。「睡眠負債」は罪作りなキーワード。眠くなるのは朝の光を浴びて14時間後。多剤投与よりは単剤投与にすべき。依存とは薬をやめれないこと。。。 僕も、なかなか眠れなかった時期に睡眠薬を飲んでいたことがある。朝起きる時間を毎日同じ時間にしたら、夜がねれるようになりました。また、今はその他の薬を一切飲んでませんが、昔よりも元気ハツラツですよん。2019/09/03

ekoeko

0
睡眠薬がもたらす依存症の危険性や、薬に頼らない睡眠を得られる方法を紹介した本。自分の服用中の薬も掲載されていた。睡眠薬の服用はいつも不安と背中合わせ、とあるが病院の先生は大丈夫と言うし・・・2019/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13316390

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。