色っぽいキモノ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 142p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309280660
  • NDC分類 593.8
  • Cコード C0077

内容説明

花魁、芸者の粋な着こなしを、映画、歌舞伎、美人画などのビジュアルでわかりやすく解説。

目次

第1章 下着で色気を表現せよ―着物の下はこうなっている!(肝の据わった女は、蹴出しで勇ましく誘惑;長襦袢、脱がなくてもスゴイ女の隠し玉 ほか)
第2章 着物でからだのラインを魅せよ―着物の種類は覚えなくてもいい!(粋な姿とは、強気で切ないそれのことである;浴衣で漂わせたい、色気と涼気)
第3章 色と模様で想いを伝えよ―色と模様がすべてである!(縞、永遠に交わらない平行線のゆくえ;ニッポン・サイケデリックな幾何学模様 ほか)
第4章 帯で腰まわりを語らせよ―補正なんていらない!(帯を締め、柳腰で自由を描く;前代未聞。ふしだらな帯結びのススメ ほか)
第5章 小物で個性を表現せよ―小物が世界を完成させる!(楚々とした手弱女にこそ、毛皮のソウルを;色っぽい女は、紐使いももちろん巧い ほか)

著者等紹介

井嶋ナギ[イジマナギ]
1973年、東京生まれ。上智大学卒。学生時代は哲学をかじったものの、最終的には江戸文学を専攻。花柳文学に耽溺し、任侠映画や芸者の映画に魅せられ、「粋」と「色気」に関する思索の日々を送る。雑誌編集や着物の販売など、さまざまな職を経てライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。