男のメタボ・ダイエット―定年前後の「日常ながら運動」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309280615
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0077

内容説明

生活習慣病の原因となる内臓脂肪を減らして、健康になろう。定年退職後の第二の人生を有意義に過ごすために。最良の方法を本書が伝授。

目次

1 常識のカベにまどわされない(時間をかけてはいけない;きつい運動をしてはいけない ほか)
2 それでも哀しき肥満街道をすすみますか(渡る世間はデブばかり―世界の六〇億分の一〇億に入るのか;中年肥満は死語?―BMIからみた肥満度 ほか)
3 転ばぬ先の自前の杖・メタボリックシンドロームを克服して定年後のハッピーな人生(ソックスを片足立ちではく―バランス力を鍛える;寝たきり・認知症の幕開き―肥満と転倒のダブルパンチ ほか)
4 家事ながら運動のすすめ、心の贅肉をそぎ落とす(家事はかすがい―のんきに構えてはいられない;「飯、風呂、寝る」の行き先は「本当に寝たきりだ」―定年後は家事が基盤! ほか)
5 メタボ・ダイエットを続けるために(日常ながら運動は「5to10」の法則で行う;五~一〇種類のながら運動 ほか)

著者等紹介

長野茂[ナガノシゲル]
フィットネス研究所、日常ながら運動推進協会、ダンベル健康体操指導協会、アロマフィットネス協会各代表。日常ながら運動の考案、提唱者。日常ながら運動、ダンベル健康体操を通じて、21世紀型の健康づくりの啓蒙、普及をテレビ、雑誌、講演会、講習会等で展開。「はなまるマーケット」「NHKおしゃれ工房・ハツラツ道場・まいにちスクスク」等の講師でも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

66
ながら運動を参考にしたいな。2013/11/07

carl

16
読んでも痩せない、これ当たり前。2019/05/14

くまさん

3
一気に読みました。格言が面白い。短編で、今からやろうという感じになりました。日常ながら運動は、無理せず続けることに意味があると思う。2015/06/27

ダネ2

2
ダイエットのため、スポーツジムへ行ったらどう?と聞かれるが毎日夜遅く帰宅する働く人としたら無理な話。週末1、2回行ったところでどこまでの効果があるか。日常ながら運動ダイエットは5〜10分空いた時間に行う。ほんの少し筋肉を使うだけの運動、大したことありません。だから疲れないし、何度もやれるし、飽きもこない。定年間際とありますが若者、中年誰にでもやれるダイエット。もちろん食事制限は必須ですよ。2011/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1772746

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。