英国貴族の城館

個数:

英国貴族の城館

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年02月20日 15時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 286p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784309278964
  • NDC分類 523.33
  • Cコード C0052

内容説明

大英帝国の繁栄と富の象徴・豪華絢爛な英国貴族の住まい。邸宅の内部、貴重な絵画、美術品、インテリアまで。カントリー・ハウス一挙公開!英国史・英国文学を彩る至宝の数々。

目次

イングランド(アドリントン・ホール;オールソープ;ビーヴァー・カースル;ブレナム・パレス;ボウッド・ハウス ほか)
スコットランド(アボッツフォード・ハウス;ブレア・カースル;ブレアファン・カースル;コーダー・カースル;カレイン・カースル ほか)

著者等紹介

増田彰久[マスダアキヒサ]
1939年、東京生まれ。写真家。兵庫県立芦屋高校、日本大学芸術学部写真学科を卒業。大成建設を定年で退職後、増田彰久写真事務所を主宰。日本写真協会、日本旅行作家協会会員。50年にわたり明治・大正・昭和の戦前に建てられた日本の西洋館を撮り続ける。1983年に第33回日本写真協会賞年度賞、1985年に第9回伊奈信男賞、2006年に日本建築学会文化賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

華麗なる英国貴族のカントリー・ハウス、一挙公開!! イングランド、スコットランドの名館、全42館! 本邦初公開多数!