東京 記憶の散歩地図

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309277097
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0025

内容説明

坂道、行き止まり、地名、怪談―路上の痕跡から時間を遡行し、東京という街の幻となった原風景を楽しむ。

目次

1 時空の裂け目を見る―青山~神宮外苑
2 墓苑の街―六本木~元麻布
3 地下からの叫び―雑司ヶ谷~池袋~目白
4 巫女集団の足跡―神田川・妙正寺川流域
5 まぼろしの街道―面影橋~高田宿
6 赤い着物の女―落合~小滝橋~神田上水公園
7 幽霊は低地からタクシーに乗る―学習院下~新宿六丁目
8 地霊の骨―荒木町~市谷加賀町
9 渋谷に消えた女―長泉寺~並木橋
10 四つ目の祟りと、アキバの幽霊―錦糸町~秋葉原
遠い過去から繋がるもの―大森・鵜の木・久が原

著者等紹介

小池壮彦[コイケタケヒコ]
1963年、東京都生まれ。歴史上のさまざまな事件現場を訪ねるうちに、いつしか散歩のほうが主体となって今日に至る。最近は移りゆく都会の残影を訪ね歩いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

道、地形、怪談、遺構、いきどまりなどから東京の失われつつある土地の記憶を地図ともにたずねて、東京の見方をガラリと変える。

【著者紹介】
1963年東京生れ。作家・ルポライタ-・怪談史研究家。著書『幽霊物件案内』『四谷怪談 祟りの招待』など。