キース・ジャレットを聴け!

個数:

キース・ジャレットを聴け!

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309274874
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0073

出版社内容情報

多彩な活動で、未だその全貌を掴み難い巨匠の核心とは―誰もなし得なかった100枚の主要作品を完全解説し、真の聴きどころを示す!

【著者紹介】
1952年大阪府生まれ。『スイング・ジャーナル』編集長を務め音楽評論家となる。著書に『マイルスを聴け!』『ジャズメンとの約束』訳書に『マイルス・デイビス自叙伝』などがある。

内容説明

ジャズ、ピアノ、そして音楽そのものを根底から変えた、天上から響き渡る至高の旋律。現代最高峰ジャズピアニストの100枚を超す全軌跡を完全レビュー。

目次

バターコーン・レディ/アート・ブレイキー&ジャス・メッセンジャーズ
ドリーム・ウィーヴァー/チャールス・ロイド
フラワソング/チャールス・ロイド
フォレスト・フラワー/チャールス・ロイド
イン・ヨーロッパ/チャールス・ロイド
ラヴ・イン/チャールス・ロイド
ジャーニー・ウイズイン/チャールス・ロイド
人生の二つの扉/キース・ジャレット
イン・ソヴィエト・ユニオン/チャールス・ロイド
ラヴ・アニマル/ボブ・モーゼス〔ほか〕

著者等紹介

中山康樹[ナカヤマヤスキ]
1952年大阪府生まれ。音楽評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hideo

12
エレクトリック化したマイルスがあまり好きではないため、その頃のキースはあまり聴かない。ミーハーなので、「ケルンコンサート」以降「枯葉」まではよく聴いたなぁ!!この2枚と「星影のステラ」が愛聴盤。このあたりが、少し中山さんとは異なるかも。今はなかなか聴けない。クラシック「平均律」も評価が高いので聴いてみたいのだが・・・年齢とともに根気がなくなったような・・・。2014/06/07

Yuichi Tomita

4
本書では、キース・ジャレットの主要なディスクが紹介され、キースはジャズミュージシャンではないと断言されている。確かにクラシックあり、自分で歌う変なアルバムもあり、ディランをトリオでカバーしたりと、「ジャズ」という観点からでは捉えきれないスケールがある。 ほんの少し前までこの手の本は、「どんな内容なんやろ。聴いてみたいなぁ」と指をくわえてるしか無かったが、今はAmazon Musicでほとんど聴ける。良い時代になりました。2020/12/07

Mingus

4
村上春樹はキースジャレットを聴くな!と言う。私も反対しないし、他に聴くべきピアニストは数え切れないくらいいると思う。私は個人的に、キースの呻き声が苦手で、気になって演奏に集中が出来ない笑 でもソロや往年のキースは大好きで、特にthe melody at night with youは最高だと思う。しかしこの本ではメタメタにこき下ろしていて、思わず笑った。そこで私はあらゆるアンチテーゼを孕みながら、よし、腰を据えて掘り下げるかと、本書手にしたのだ笑 そして途方もない彼の実像に気づかされることになる。2015/07/22

かんたろー

3
本書は2014年4月に発刊されている。 著者は翌年1月に亡くなった。 したがって、同書の続編や改訂版は出ていない。 キースジャレットも2018年脳梗塞を発症。 アルバムはスタンダーズが2013年の『サムホエア』ソロを出して、2014年にはチャーヘイデンとのDIO、2015年にソロのライブを出している。 さて本書はマイルスを聴けで感じる熱い思いは希薄。 確かに筆者はキースを好んではいるようだけど、全作を集めるほどのファンではなくて、本書を書き上げるため聴いたという印象。 突っ込み不足なのは否めない。2024/02/01

糸くず

3
初心者向けのガイドブックというより、キース・ジャレット教信者の信仰告白に近いが、独断と偏見にもとづく解釈をためらうことなく書くその潔さが痛快。ジャズの世界に突如現れた「異星人」、「どこか別の場所から飛来した才能」であるキースについて語るには、「私」の濃さがある程度必要なのだろうとも思う。特に興味深いのがボブ・ディランの影響について述べた部分で、「キースとはジャズ界のボブ・ディランなのだ」とまで書いている。とはいえ、その直後に「悪意なきペテン師ということです」と続くのだが。2023/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8016025
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。