HOSONO百景―いつか夢に見た音の旅

個数:

HOSONO百景―いつか夢に見た音の旅

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309274720
  • NDC分類 760.4
  • Cコード C0073

出版社内容情報

イギリスやドイツなど実在する土地への追憶から、楽園へのヴァーチャル・トリップまで、細野晴臣が《音楽と旅》の豊潤な関係を語る

【著者紹介】
1947年生まれ。ミュージシャン。はっぴいえんど、YMOなどでも活躍。

内容説明

沖縄、ハワイ、LA、ロンドン、パリ、東京、フクシマ―。世界各地で出会った人々や音楽、いまだ訪れたことのないあこがれの楽園。記憶の糸が道しるべ、細野晴臣が洒脱に語る、ちょっと変わった世界旅行記。

目次

1 アンビエント(都会;森;ドライヴ)
2 ウィット(イギリス;フランス;ドイツ)

著者等紹介

細野晴臣[ホソノハルオミ]
1947年、東京生まれ。音楽家。69年にエイプリル・フールでデビュー。70年に大瀧詠一、松本隆、鈴木茂とはっぴいえんどを結成。73年にソロ活動を開始すると同時に、ティン・パン・アレーとしても活動。78年に高橋幸宏、坂本龍一とともにイエロー・マジック・オーケストラを結成する。YMO散解後は、ワールド・ミュージックやアンビエント・ミュージックを探求する一方、プロデューサーとして歌謡界での楽曲提供も手がけた

中矢俊一郎[ナカヤシュンイチロウ]
1982年、名古屋生まれ。『スタジオ・ボイス』編集部を経て、現在はフリーの編集者/ライターとして『TRANSIT』『サイゾー』などの媒体で暗躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

檜村

21
拝読中はラジオを聴いてるような幻聴が聞こえ睡魔が普段よりも多く襲ってきた。細野さんが今まで世界を旅して国々にまつわる音楽や映画、政治や文化の話を口承にした本。各ページの下の方に本文で紹介されたアーティストのアルバムが掲載されており、それをBGMとして読んでみると豊饒な時間を過ごすことができました。細野さんのようなかっこいいおじいちゃんになりたいです!2017/03/16

ぴょこたん

21
今、私の中で細野晴臣さんブームが起きています。今まで聞き逃したCDを聞いたりして。そういえば細野さんの本てあんまり読んでないな、とはたと気づき数冊をのんびり読んでます。この本は一応「旅」と言うテーマでくくられた、細野晴臣さんの人生エッセイ。デイジーワールドで聞いた人物名が出てきて、ああの人のことか、と腑に落ちたりして懐かしい。もちろんほとんどの事は分からないけどね。デイジーワールドがまた聞きたくなった。カスタネダ、いよいよ手を出すか?2015/04/21

ヤスコ

11
細野さんが心の底から好きなので、直接話が聞けないのが歯がゆく、悶々としながら読みました。映画やオカルトにも造詣の深い細野さんは、やっぱり素敵!益々大好きになりました!2015/05/14

ばんだねいっぺい

10
オオクボリュウさんのTシャツほしいなーと思っていたところ、装丁がそうだった。よかった。2015/11/01

nizimasu

10
いつもの北中正和さんとの対論ではなく、雑誌「transit」の連載に故川勝さんによる略歴紹介を挟んでいる構成。何しろ、旅の雑誌だから、旅と音楽、そしてあまり訊いたことがなかった映画の造詣の深さにも驚かされます。その音楽変遷と記憶がすごく密接にツタのように絡まっていて、読んでいてパーソナルヒストリーとしては、親切な構成で読みやすかったかも。インタビュアーが世代がだいぶ下なので、そういう若者に伝えようとする細野さんのお人柄がにじみ出る内容でした2014/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7979900

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。