カラー図解 楽器の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309270449
  • NDC分類 763.02
  • Cコード C0073

内容説明

ヴァイオリン、フルート、ホルン…楽器の進化をひも解く、カラー図鑑。普段目にすることのない貴重な楽器を多数収録。ビジュアルも知識も大充実の永久保存版。

目次

序章 本書を読む前に(オーケストラで使われている楽器;弦楽器って何? ほか)
第1章 各楽器の進化図(動物の角から発展した楽器たち;軍楽隊から伝わった楽器 ほか)
第2章 この時代はこんな楽器で演奏していた(バッハの時代(18世紀前半)のオーケストラ
ベートーヴェンの時代(19世紀前半)のオーケストラ ほか)
第3章 昔の楽器と現代の楽器はどこが違う?(ヴァイオリン;ヴィオラ ほか)
第4章 楽器の構造を知ろう―内部はどうなっている?(ヴァイオリン;ピアノ ほか)

著者等紹介

佐伯茂樹[サエキシゲキ]
早稲田大学卒業後、東京藝術大学でトロンボーンを学ぶ。古楽器を中心とした演奏活動を行なう傍ら、多くの音楽雑誌に論文や記事を執筆している。ヨーロッパの管楽器専門誌「BRASS BULLITIN」に2つの論文が掲載された。現在、東京藝術大学大学院で楽曲と楽器に関する講議を担当。東京藝術大学講師。東京ヒストリカルブラス主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MondayHellishDay(Monday)

0
趣味で作曲活動をしていて、その教養にと購入。一般的なオーケストラで使用されている楽器について、カラーの写真で誕生から変遷について追えるようになっている。クラシック音楽を聴いていて、もっと楽器について知りたい!という人にはおすすめ。

まっちゃん2

0
図書館:この手の本はいろいろ読んでいるので、参考になればと借りてみた。それでも結構新鮮な情報があった。写真は新たに取材しなおしたものが大半。といっても137Pでそれほど個々に詳しく書かれているわけでない。ざっとオーケストラの楽器を知るにはよいだろう。2019/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/76227

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。