そこまでの空

そこまでの空

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(頁/高さ 21X22cm
  • 商品コード 9784309262352
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0771

内容説明

安野光雅の絵と俵万智のことばがはるかに響きあいなつかしいハーモニーを奏でる夢の絵本。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おくちゃん🌱柳緑花紅

70
お気に入りさんのレビューで俵万智さん目当てで読むも、新しい出会いを頂いた。安野光雅さんの絵がなんとも良い。絵と短歌、絵が短歌に合わせているわけでも、短歌が絵に合わせているわけでもなく、そこに同じ空気、囁き、色、振動、言葉では表せない何かが・・・。安野さんのあとがきで、言葉は有限だけど、感じ方(こころの中に、明滅するとりとめのない感じ、昔から「美」という言葉で言い表すしかなかったそれ・・)は無限である。素敵なあとがきを読み、再度初めから読んでみる。見てみる。何度か繰り返して・・そして旅に出ようと思ったり・・2015/01/22

みつばちい

23
安野光雅さん追悼コーナーにあった一冊。読むまでは俵さんと安野さんのイメージが私の中でマッチしなかったが、読み終えてみると不思議と混じり合う世界だった。それぞれの絵と詠は別々の作品で、短歌のために描いた絵ではないが、なんとなく旅の雰囲気のものが多かった気がした。俵さん30代の頃の作品で、別れが暗示された短歌が多く、若い頃読んだらもっと心に響いたかも。2021/02/18

遠い日

12
画家安野光雅さんと歌人俵万智さんの異色のコンビが放つ、すばらしい世界。お二人の作品は、もちろん別々に作られたものをドッキングさせて、ひとつの作品として提示されているのだが、これがとてもいい味わい。俵さんの歌は、遠ざかった恋の風景をわたしに鮮やかに思い出させる力がある。焦がれる思いの生々しさがあると思えば、自分がしたことのないタイプの恋にもするりと連れ込まれる快感ありで、心地よい。安野さんの絵も、目に心にしっとりなじむ。2014/06/26

カトウ

4
俵万智さん、安野光雅さん、大好きです!本の中で二人は互いに独立しているのに、互いにスポットライトを当てているよう。俵万智さんの言葉選びが本当に素敵で優しいし、真似できない!安野さんの絵は本当に優しい!二人に共通しているのは、優しさ。日本が誇るべき、大人の絵本だと感じました!読めて幸せな気持ちになりました。2021/05/28

けんとまん1007

4
こんなコラボもあるんだな・・と納得。詩を先にか、絵を先にか?まあ、どちらでもいいなあ~、想像が拡がり、楽しめる1冊。2012/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/635134

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。