江戸の花鳥画譜

個数:

江戸の花鳥画譜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 144p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784309256504
  • NDC分類 721.025
  • Cコード C0071

出版社内容情報

狩野派、琳派から、奇想の美、浮世絵、博物図まで。江戸期の花鳥画の豊かなバリエーションをベストセレクションで集成。オールカラー

目次

「花鳥画の存在を考えてみる」
江戸初期の狩野派―狩野探幽と狩野山雪
端正な美の創造―江戸時代初期の大画
やまと絵の雅の世界―土佐派とその周辺
優麗な意匠の美―俵屋宗達と尾形光琳
琳派の装飾を継承―酒井抱一と江戸琳派
写生画の叙情―円山応挙と円山派
京都人の花鳥諷詠―呉春と円山・四条派
豊穣なる水墨の世界―初期南画から池大雅、与謝蕪村へ
奇想の美の系譜―伊藤若冲・長澤盧雪・曾我蕭白
洋風画家の花鳥画―蘭学の興隆と秋田蘭画〔ほか〕

著者等紹介

狩野博幸[カノヒロユキ]
1947年福岡県生まれ。京都国立博物館名誉館員、美術史家。九州大学文学部哲学科美学・美術史専攻卒業、大学院博士課程中退。京都国立博物館研究員を経て同志社大学教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。