自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界―幼児期から老年期まで

個数:
電子版価格 ¥2,805
  • 電書あり

自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界―幼児期から老年期まで

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309254326
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0047

出版社内容情報

生まれてから老いるまでの間に、自閉症スペクトラムの女の子はどんな体験をするのか。豊富な当事者や家族の証言をもとに描き出す。

内容説明

「まわりに合わせて“ふつう”の仮面をかぶっているけれどつらい」「動作や表情がぎこちないと言われる」「社交は“台本”を覚えてやり過ごしている」「小さな頃は人なつこいタイプ」「女の子らしいことに興味を示さない」「身だしなみが苦手」…自らも自閉スペクトラム症(ASD)者である著者が集めた証言をとおして、ASD女性の生まれてから老いるまでの人生を知る。

目次

女の子たちも自分が何者なのか知る権利がある
女の人も自閉スペクトラム症になる
診断までの道のり
この子は何かが違う―乳幼児期
まわりになじめない―子ども時代の関係性
変わっていく身体と複雑な友人関係―思春期に出会う困難
家の外はカオス―学校生活に必要な支援
大人になってからASDだとわかった女性たち―成人診断がもたらすもの
「ASDに見えない」―大人になってからの困難
大人の人間関係―友人になるってどういうこと?
男か女かどちらでもないか?―セクシュアリティと性自認
好きな人とつながりたい―恋愛・性行為・パートナーシップ
子どもを産むとき―妊娠と育児のあれこれ
身体の不調とどう付き合うのか―健康で豊かな生活をおくるには
こんな働き方をしています―就職するとき
ASDとともに老いてゆく―老後を考える
理想の生き方とはどんなもの?―死ぬ前におこなっておきたいこと
おわりに―あなたはどう生きていく?

著者等紹介

ヘンドリックス,サラ[ヘンドリックス,サラ] [Hendrickx,Sarah]
英国にて、自閉スペクトラム症者などを対象とした訓練やコンサルティング、ビジネスをサポートする団体を運営する。自らも自閉スペクトラム症の診断を受けている

堀越英美[ホリコシヒデミ]
1973年生まれ。文筆家。早稲田大学第一文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

84
女性の自閉スペクトラムの特徴がライフワーク順に紹介された本書。ASD多め、ADHD少々でできている私はもう、頷きっぱなしだった。人との衝突に疲れ、「普通」に見られるよう、擬態してきた。だからこそ、踏ん張れたのもあって「発達障害じゃない?」と指摘された時は安堵するよりも「今までの努力は無駄だった」という悔しさが勝っていた。正直、その時は号泣した。特に好意の押し付けで人に迷惑を掛け放しの黒歴史から「自己中な私は人を愛する価値がない」と思いながらも性自認もあやふやな私は10・11章はのめり込む様に読みました。2021/11/12

くさてる

24
「女の子たちも自分が何者なのか知る権利がある」という言葉が重い。男性に多いとされてきたASD、けれどその陰には見過ごされてきたたくさんの女性ASDの存在がある。この本は、そんな女性ASDの幼児期から老年期までの行動パターンについての知識を深めるためのもの。多くの当事者の証言が盛り込まれ具体的で役に立つだけでなく、感情の浮き沈み、傷つき体験、怒りや悲しみ、同時に喜びや誇りの感情、楽しめることなどの生々しさが心にしみました。当事者のみならず、周囲の人にもと思いますが、でもまずは当事者のかたに、ぜひ。2022/03/12

のんタコス

15
「女児(女性)の自閉症(ASD)はほぼいない」 という長年信じられてきた間違った認識のせいで、早期にASDと診断されずに苦しんでいる女性が沢山いる事を世間に知ってもらわねばならない!という願いを込めて書かれた本。 女児は周りにいる定型発達女児の真似をしてしまうので、ASDとは気づかれずに成長してしまうそうだ。 (定型発達という言葉、好きじゃない) 20代、30代、40代以降にASDと診断させる女性が多く驚いた。そして、今までの自分をやっと認める事が出来て楽になったと言う方が多く驚いた。2022/02/03

山崎にう

10
購入。自閉スペクトラム症は男の子に多いと考えられがちだが、男女で見られる特徴が異なるために、女の子、特に知的障害のない、知能の高いタイプは自閉スペクトラム症であることを見逃されやすい、ということを問題とし、自閉スペクトラム症の女の子が幼児期から成人以降までぶつかりやすい諸問題について、豊富な事例調査からまとめた一冊。つい先日、私もASDの診断が下りたので、ネットで書評を見つけ即購入。記憶のある小学校~大学まで、覚えのあることばかり。成人以降にASDの診断が下った女性たちの証言が大変ありがたい。2021/11/12

kei

9
児童期かつ男児に診断が偏っているASDについて、30人程度の当事者の声と、老年期までの情報を集めた良本。日本語で得られる情報が少ない中、必要な当事者に届くことを目指したよい本なので、広く知られるといいと思う!2022/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18557973

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。