眠りがもたらす奇怪な出来事―脳と心の深淵に迫る

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

眠りがもたらす奇怪な出来事―脳と心の深淵に迫る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 360p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309254159
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

出版社内容情報

睡眠の病はなぜ起きるのか? 健康な睡眠には何が必要か? 睡眠の専門家が、にわかに信じがたい驚きの症例から、脳の深淵に迫る!

内容説明

「夜間には脳のスイッチがオフになっていると考えられがちだが、睡眠障害に苦しむ患者は、その逆が真であることを教えてくれる。夜間における脳の機能やその不全は、日中におけるそれらと同様に多様であり、まさに日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼしうる」(文本より)。眠りながらのドライブや料理、無数の目玉に見つめられる幻覚…。睡眠医学のスペシャリストが、自ら治療に携わった数々の信じがたい臨床例を紹介する。人体の不思議なメカニズムをめぐる極上のドキュメント。

目次

グリニッジ標準時
夜のしじまのなかで
ディズニーは正しかった
不平不満
寝言を口走るバス運転手
笑って崩れ落ちる
ざわめくハチ
喉もとをつかまれる
宙に浮かぶ無数の目玉
ジキル博士とハイド氏
コーヒーの覚醒効果
奇妙なおとぎ話
インセプション
睡眠剥奪

著者等紹介

レシュジナー,ガイ[レシュジナー,ガイ] [Leschziner,Guy]
神経科医。専門は睡眠医学。イギリスのロンドン・ブリッジ病院やガイ病院睡眠障害センターで勤務。さまざまな睡眠障害に苦しむ患者を年間数百人診察している。BBCラジオ4『睡眠の神秘』など、多数のメディアに登場している

高橋洋[タカハシヒロシ]
1960年生まれ。同志社大学文学部文化学科卒業(哲学及び倫理学専攻)。IT企業勤務を経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

88
成人の約2/3は睡眠の質の悪さを自覚し、約1/10で慢性不眠症を認め、不眠患者の50%に何らかの精神障害の診断を受けている。ヒトは深く長く睡眠をとる唯一の動物であり、夢のないレム睡眠は意識の発達に重要な役割を果たしていることがわかりつつある。睡眠医学の専門家が興味深い症例を示し、その診断と機序を解説する。夢遊病・レム睡眠行動異常・睡眠時無呼吸症候群・情動脱力発作・むずむず足症候群・睡眠麻痺・睡眠時性的行動異常症・睡眠関連摂食障害・クライン・レビン症候群。映画インセプションの世界も近い未来なのかもしれない。2021/06/28

ばんだねいっぺい

26
 一気読みには無理がある本だった。泳ぎながら眠るマグロのような魚の状態は、人もできるようだ。日中、覚醒していても局所的に睡眠状態となっていることも。どこでも、遺伝的要因の大きさが語られる。睡眠とは何かが、分かるにはやはり更なる研究が必要だ。2020/11/08

zoe

19
The Nocturnal Brain: Nightmares, Neuroscience and the Secret World of Sleep (2019). 本人は寝ているつもりでも、起き上がってモノを食べたり外出したりする。パートナーや監視カメラで気付く。睡眠のリズムに個性があるのは仕方がないが、周囲の理解があるのと無いのとでは、本人の気付きにすらつながらないのが難しそう。そう思うと程度の差はあれ、世の中には結構沢山の方がいるのでは。2021/01/30

くさてる

15
不眠症、日中の過剰な眠気、夢遊病、眠ったままの問題行動ナルコレプシー、むずむず足症候群、幻覚……そんな睡眠時に起きる様々な現象について、具体的なエピソードを基に解説した一冊。内容自体は興味深く面白かったですが、もうちょっと睡眠科学に取り組む著者の人となりが分かるような内容なら、もっととっつきやすかったかも。睡眠に悩むひとにおすすめです。2020/09/19

DEE

12
寝言や軽いイビキぐらいなら罪はないけど、体内時計が狂い続けたり、睡眠中にバイクを運転したり、さらには眠りながらレイプ未遂を起こし何年も収監されることになったりと、睡眠で人生が狂ってしまう人もいる。 多くの人にとって安らぎである睡眠が恐怖でしかないというのは絶望的に苦しいだろう。中には原因も治療法も不明な症状もあり状況はさらに厳しい。 それでも医師である著者との懸命な二人三脚で回復の糸口を見つけていく姿には希望を感じる。眠りを通して覗く脳の未知の領域はまだまだ解明されそうもないと痛感する。2020/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16284119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。