日本のカエル48偏愛図鑑―東大生・さこの君のフィールドノート

個数:

日本のカエル48偏愛図鑑―東大生・さこの君のフィールドノート

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月18日 07時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309254128
  • NDC分類 487.85
  • Cコード C0045

出版社内容情報

日本に生息するカエル48種類の生態を、東大生・迫野君が偏愛に満ちた解説と精緻なイラストで紹介! 日本で一番リアルな図鑑!?

内容説明

自ら歩いて、探して、観察したからこそのマニアック図鑑!!愛情たっぷりの視点で描かれるリアルな生態。日本に生息する種を全網羅。

目次

初級 気軽に探せるカエル(ニホンアマガエル;アズマヒキガエル;ミヤコヒキガエル ほか)
中級 ちょっと張り切って探すカエル(ヤマアカガエル;タゴガエル;オキタゴガエル・ヤクシマタゴガエル;ネバタゴガエル ほか)
上級 気合を入れて探すカエル(カジカガエル;ナガレヒキガエル;ナガレタゴガエル ほか)

著者等紹介

迫野貴大[サコノタカヒロ]
現役・東京大学大学院生。獣医繁殖育種学研究室に所属し、野生動物の繁殖抑制に関する研究を行っている。サークル「東京大学生物学研究会」の所属を機に、日本中のカエルを探す旅を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

64
図書館の新刊コーナーで見つけて。日本にいるカエルは、48種類だそうだ。カエル大好きな東大生が、その48種類の生態を解説する。カエル愛にあふれていて、私もカエルを探しに出かけたくなってきた。🐸2020/08/10

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

48
作者のカエル愛満載でした。日本にいるカエルは48種類。この本では初探す難易度で初級・中級・上級に分けて掲載。カエルの生態の基本データ、分布、レア度、外見の特徴、鳴き声、特徴、エピソードで書かれていて分かり易い。こちらで見られるカエルは中・上級の8種。そのうち出会った事があるのは4種。この本1冊持って、フィールドに出掛けると楽しそう。この前見たアマミイシカワガエル、アマミアオガエルは可愛かった。オットンガエルを触ってけれど、カエルには稀な五本目の指にトゲがあるとは知らなかった。安易に触るのは気をつけなきゃ。2020/12/07

スリカータ

13
写真が良く、イラストも特徴を良く捉えて可愛い。個人的にはアフリカツメガエルが野生化して日本各地で生息しており、舌がないので手を使って食事するという事が一番の驚きだった。10年以上前にペットショップで200円くらいで雑な環境で売られていたのを見た事がある。飼育放棄したのが野生化したのかな。同じく外来種のウシガエルのように逞しく生けるかな。巻末の一覧表も見やすく、カエル好きには楽しめる本です。2020/07/19

遠い日

10
日本のカエルは48種。その48種に自ら足を運んで会いに行く迫野くん。カエル愛に溢れたレポートがほほえましい。わたしがアマガエルだと思っていたものは、シュレーゲルアオガエルだったのだろうかと、読みながらちょっと心もとなくなる。(どうやって確認したらいいだろう?)。奄美や沖縄のカエルの種類の多さは群を抜いていて、たくさんの珍しいカエルたちを見ていくのが楽しい。過保護な子育てをするカエル、アイフィンガーガエルにはびっくり。2020/09/18

MOTO

5
子供の頃は良くみかけたおたまじゃくしも、今やペットショップで一匹¥100の値がつく時代。つい、育ててみたくなり買ってしまったのはいいものの、彼らの成長は思ったより早く、一か月程でほぼカエルさんに。小さなアマガエルだが、目を閉じた時の表情などはほぼ賢者。しかも跳躍力は驚くほど高く、身体能力も抜群。ずっと眺めていたい願望をかなえてくれる夢の様な図鑑。著者もまたカエルへの偏愛度が高くカエルを求めて全国行脚しちゃう面白い人でした。2020/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15922358
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。