昆虫は最強の生物である―4億年の進化がもたらした驚異の生存戦略

個数:
電子版価格 ¥2,268
  • 電書あり

昆虫は最強の生物である―4億年の進化がもたらした驚異の生存戦略

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年04月23日 09時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253510
  • NDC分類 486.1
  • Cコード C0045

内容説明

生命進化の主役は昆虫だった!なぜ昆虫は地球上でもっとも繁栄しているのか?変態や擬態、寄生、社会性など、驚くべき形態や生態をもつ理由とは?進化を押し進め、あらゆる生命を支える昆虫の驚異の世界を明らかにする、かつてない進化の物語!

目次

第1章 虫だらけの惑星
第2章 節足動物の誕生
第3章 シルル紀の陸上進出
第4章 コケの下、二メートルの世界
第5章 空中を舞う昆虫たち
第6章 古生代の大量絶滅
第7章 三畳紀の春
第8章 ジュラシック・パークでピクニック
第9章 白亜紀の繁栄と大量絶滅
第10章 新生代を想う

著者等紹介

ショー,スコット・リチャード[ショー,スコットリチャード] [Shaw,Scott Richard]
ミシガン州デトロイト生まれ。ミシガン州立大学で天体物理学と昆虫学を学んだのち、メリーランド大学で昆虫学の修士号および博士号を取得。1984~1989年までハーバード大学比較動物学博物館に所属。1989年からワイオミング大学教授ならびに同大学昆虫博物館のキュレーター。これまでに世界29カ国で190種以上の新種の昆虫(おもにカリバチ)を発見、命名している

藤原多伽夫[フジワラタカオ]
1971年、三重県生まれ。静岡大学理学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ昆虫は地球上でもっとも繁栄しているのか? 脊椎動物中心の生命史では見えてこなかった、かつてない進化の物語!

スコット・リチャード・ショー[ショー,S R]
ミシガン州立大学で宇宙物理学と昆虫学を学んだのち、メリーランド大学で昆虫学の修士号および博士号を取得。1989年からワイオミング大学教授ならびに同大学昆虫博物館館長。本書が初めての著書。

藤原 多伽夫[フジワラ タカオ]
1971年、三重県生まれ。静岡大学理学部卒業。翻訳家。訳書にズック『考える寄生体』、クラーク『ヴィクトリア朝の昆虫学』、クローウェル『戦争と科学者』、パーカー『ヒマラヤ探検史』がある。