黄色い生きもの図鑑

個数:

黄色い生きもの図鑑

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月25日 23時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 79p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253282
  • NDC分類 480
  • Cコード C0045

内容説明

生物最強の毒を持つモウドクフキヤガエル、卵の黄身のようなキイロテントウ、ハナイカ、ウルトラマンホヤ…みごとな色彩に目がよろこぶ、圧倒的な「黄色」を希少な生態写真と解説で紹介。

目次

奇抜な黄色(シテンヤッコ―インパクト重視の顔;ウルトラマンホヤ―小さなヒーローがいっぱい ほか)
紛れる黄色(カエルアンコウ―体をひそめて釣りをする;リーフィーシードラゴン―まるで海藻そのもの ほか)
発する黄色(コフウチョウ―ゴージャスな楽園の鳥;モウドクフキヤガエル―猛毒をまとう黄色 ほか)
ともに生きる黄色(ヘラヤガラ―寄り添うふりで利用する;キイロハギ―クリーニングのお礼は藻と寄生虫 ほか)

著者等紹介

小宮輝之[コミヤテルユキ]
1947年東京都生まれ。上野動物園元園長。明治大学農学部卒業後、多摩動物公園の飼育係になる。上野動物園、井の頭自然文化園の飼育係長、多摩動物公園、上野動物園の飼育課長を経て、2004年から2011年まで上野動物園にて園長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生物最強の毒を持つモウドクフキヤガエル、卵の黄身のようなキイロテントウ、ハナイカ、ウルトラマンホヤ…美しさに目も眩む42種!

【著者紹介】
1947年生。上野動物園前園長。明治大学農学部卒。井の頭自然文化園の飼育係長、多摩動物公園、上野動物園の飼育課長を経て上野動物園にて園長を務める。著書に『日本の野鳥』『物語 上野動物園の歴史』他多数。