宇宙でいちばん面白い脳がしびれる科学の時間―白熱の「とんでも授業」へようこそ!

個数:

宇宙でいちばん面白い脳がしびれる科学の時間―白熱の「とんでも授業」へようこそ!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309252742
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

内容説明

宇宙、地球、生命進化テクノロジー…人類の未来と無限の可能性に迫る。誰も語らなかった「ウソのような本当の話」。

目次

宇宙の時間―空の先には、めくるめく世界が広がっている(宇宙人発見への近道は、コレだ!;宇宙人と仲良くなれないのは、人間が「凶暴」だから ほか)
地球の時間―「奇跡の星」のつくられ方、その未来の創り方(生物進化は、アブノーマルな「水」のおかげ;オーロラは必ず「双子」で現れる ほか)
生き物の時間―われわれは、みんな奇妙な生命体(地球上でいちばん多い動物は、体長1ミリ!;クジラは、4000万年前の大陸移動が生んだ! ほか)
テクノロジーの時間―この先も、人間と文明が仲良くするために(2045年、コンピューターは人間を超える?!;「脳コピー」で“どこでもドア”が実現する ほか)

著者等紹介

長沼毅[ナガヌマタケシ]
生物学者。1961年生まれ。広島大学大学院生物圏科学研究科准教授。筑波大学卒業後、同大学大学院で理学博士号を取得。海洋科学技術センター(現・独立法人海洋研究開発機構)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校海洋科学研究所客員研究員などを経て、現職。第52次南極観測隊員。北極、南極、深海、砂漠など世界の辺境に極限生物を探究しつづける吟遊科学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。