100問100答 医療のふしぎ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309251479
  • NDC分類 490
  • Cコード C0047

内容説明

本書は、「医学概論」の立場から、「医療とは、病い・健康・死などをめぐる文化的社会的事象である」という視点を取り、それぞれの学問の方法に基づいて医療を考察した、「医療とは何か」の「試論集」でもある。

目次

病気であること、病気になること
病気が治るとき
クスリのききめ
近代医療ができるまで
近代医療の功罪
患者の立場と医療被害
癌をめぐる論争
終末期の医療
医療をとりまく制度
現代医療の課題
伝統医療の効用
もう一つの可能性
現代の医療と癒し

著者等紹介

佐藤純一[サトウジュンイチ]
専門は、医学概論、医学哲学、医療社会学。高知医科大学医学部所属。医療文化研究センター代表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まちこ

0
「医学に関する様々な疑問」への「回答集」であり、「医療とは何か」の「試論集」でもある本書は、「医療をめぐる社会科学・人文科学」に関する研究団体の有志、医学博士や社会学博士によって執筆されている。100答の中には医学概論では常識なのだろうが、ふつうの人は知らない事例がズラリ。あれもこれもぜんぶ面白過ぎて、図書館で借りた本だが自分で買い直してしまった。示唆に富む部分が多過ぎてぜんぶ抜き書きしたいところだけど、いちばん痛快だった箇所をひとつだけ。生活習慣病は病気か、という記事。生活習慣病は病気ではなく政治的言説2017/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/290047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。