卑弥呼は二人いた―『正統竹内文書』が教示する驚愕の古代史

個数:

卑弥呼は二人いた―『正統竹内文書』が教示する驚愕の古代史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月25日 20時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309249759
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0021

出版社内容情報

日本建国から250年の歴史は謎が多い。「正統竹内文書」を手掛かりに、邪馬台国を含めた空白の歴史を埋めていく!

内容説明

邪馬台国をめぐっては、「日本のどこにあったのか?」「卑弥呼は『日本書紀』のどの人物のことか?」など論争が絶えない。日本草創期の歴史に謎が多いのは、『日本書紀』が意図的に歴史を改竄しているから。では、その意図は何か。日本と中国の史料に『正統竹内文書』を照合することで隠蔽された事実を掘り起こし、この国の成り立ちを解く!

目次

1章 スサノオとアマテラスの神話に織り込まれた「史実」とは
2章 大和国・初代の王は神武ではなく「ニギハヤヒ」だった
3章 神武の「東征」「即位」と邪馬台国の関係とは
4章 倭国大乱を発端に邪馬台国は二度、「遷都」した
5章 「魏志倭人伝」と二人の卑弥呼の正体
6章 卑弥呼亡き後を担った「倭の五王」はどの天皇か

著者等紹介

布施泰和[フセヤスカズ]
1958年生まれ。英国ケント大学留学を経て、国際基督教大学を卒業(仏文学専攻)。共同通信社経済部記者として旧大蔵省や首相官邸を担当した後、96年に退社して渡米。ハーバード大学ケネディ行政大学院とジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院で学び、それぞれ修士号を取得した。帰国後、『ニューズウィーク日本版』編集部の世界経済・ビジネス担当編集者を経て、独立。現在は国際政治や経済だけでなく、古代史や精神世界など多方面の研究・取材活動を続けている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

dai267712

3
オカルトっぽい内容でしたが、大変興味深く拝読させて頂きました。古代史は謎が多いですが、同時にロマンも沢山ありますよね😁2021/01/03

てつ

0
口伝である正統竹内文書から導き出される、邪馬台国の謎を解き明かす。途中から名前が難しく誰が誰だかわからなくなる。2021/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16474410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。