50歳からの人生ゆるゆる計画―後半生を輝かせる「仕切りなおし」のススメ

個数:

50歳からの人生ゆるゆる計画―後半生を輝かせる「仕切りなおし」のススメ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 14時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309249445
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C0030

出版社内容情報

人生100年時代では、長い老後をどう過ごすかで、いい人生かどうかが決まる。人間関係、お金、体、心……最高の老後を迎えるには?

内容説明

60歳から老後を考える。…なんて遅すぎます!人生100年時代、50歳はリスタートする最高のタイミング。今まで会社や家庭、そして稼ぐことを優先してきたのなら、これからは自分らしい、充実した生き方を選ぼう。キーワードは「わくわく・ときめき」。仕事、伴侶や親・子との距離、友人関係…をあなたが望む方向に変えていくのは「いま」なのです。

目次

1章 これから50年をどう生きる?後半生のキーワードは「わくわく・ときめき」
2章 いま始めれば、なんとでもなる 前半戦終了!さあ「働き方改革」を始めよう
3章 職場、伴侶、親子、友人…人間関係は、リセットとメンテナンスが肝心
4章 “皆と同じ”はそろそろ終わり 「ひとり」の境地を深め、味わうために
5章 老後資金にため息をつく前に お金より大事なものがあることを心に刻む
6章 もう、モノには振り回されない 「思いは高く、暮らしは簡素に」で生きる
7章 悔いを残さない終い方とは 「老い」ではなく、「成熟」に向かっていく

著者等紹介

菅原圭[スガワラケイ]
早稲田大学文学部卒。コピーライター、出版社勤務を経てフリーに。ライターとして、ビジネス界のキーパーソンをはじめ作家、文化人など著名人を多数取材。近年は充実したシニアライフや終活についても鋭い提言を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たか

5
 今の時代50歳は折り返し地点。サラリーマン人生を振り返り生涯現役に向けて、残りの人生を悔いなく生きる為に自分の棚卸をしたい。2020/05/16

Takeshi Nakajima

1
50才になって読みました。今後の過ごし方、今の状況など考えさせられました。2022/04/13

のんきち

1
これまでに読んだ本で学んだことがほぼ同じように書いてあり、目新しさを感じなかったのは単に自分の読んだ本の順番の問題であって、著者が悪いわけでも何でもない。【図書館本】2021/02/21

tdyskd

0
スウェーデンは、消費税を25%も取られるとは初めて知った。2021/01/26

kaz

0
人生のターニングポイントにおけるマインドセットを考えるエッセイと言ったら良いだろうか。終活と言うよりは、物事をポジティブに考えるのに役に立つ。最終章の『「老い」ではなく、「成熟」に向かっていく』は、終活という観点からも有益。図書館の内容紹介は『人生100年時代、50歳はリスタートする最高のタイミング。「わくわく・ときめき」をキーワードに、自分らしい、充実した生き方を選ぶための「働き方改革」の始め方や、人間関係のリセット&メンテナンス等を紹介する』。 2020/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14988846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。