発達障害の人が働くときに知っておきたい10の基本―男性も女性も、新入社員もベテラン社員も仕事が辛いと思ったら自分を点検してみる

個数:

発達障害の人が働くときに知っておきたい10の基本―男性も女性も、新入社員もベテラン社員も仕事が辛いと思ったら自分を点検してみる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年01月20日 12時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309249193
  • NDC分類 366.28
  • Cコード C0037

内容説明

いつも緊張して疲れやすく、周囲との会話もうまくいかない発達障害の人たちが、もっと思い通り働くために…。

目次

第1章 「あなたはちょっと変わっている」異端の人でいい
第2章 面接時の「うちはいい会社だよ」を信じてはいけない
第3章 突然の変更が苦手などの特性を知る
第4章 障害を理解し歩み寄る会社を選ぶ
第5章 「多様化」社会の新ルールを理解しよう
第6章 じょうずなコミュニケーションを意識する
第7章 障害の殻を飛び出し社会のルールを意識する
第8章 互いにコミュニケーションスキルをつける
第9章 さまざまなフィールドの人たちとジョイントする
第10章 こだわりの強い特性は悪いことではない

著者等紹介

宮尾益知[ミヤオマストモ]
東京生まれ。徳島大学医学部卒業、東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックを開院。専門は発達行動小児科学、小児精神神経学、神経生理学。発達障害の臨床経験が豊富(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

著者が現場のマネージャーとの対話をふまえて発達障害の人が就労する際に知っておきたいことを10項目にまとめて解説。